2017年05月21日

真田信之

真田信之.jpg真田信之は真田昌幸の長男で、真田信繁の兄。
華々しく散った信繁に比べて影の薄いお兄ちゃんですが、江戸時代の上田藩、松代藩の初代藩主です。
戦国時代でもトップレベルの長命さで享年93才。
戦国時代で大名になった人物で一番長命だろう人物は大島光義で97才(美濃国関藩)。
93才で関ヶ原にも出陣したらしいという基地外武将。
性格な年齢はわかんないながら、大名じゃないけど、石田三成の嫡男石田重家が関ヶ原後仏門に入って生き延びて享年104才らしい。

さて、それはともかく真田信之は大河ドラマ「真田丸」で大泉洋が演じたことで多少なりとも名が売れたと思いたいところだが、まだまだ関連書籍は少ない。
そんな中、真田丸の監修もやっていた黒田基樹氏が解説本を出版していたので読んでみた。
黒田氏はたぶん専門は関東で北条や関東官僚上杉(謙信ではない)などなどをよく読むが、最近はいろいろ書いているみたい。
この本のあとがきにもありましたが、真田丸の監修をやるとのことでいろいろ調べた結果、まとめたのを真田関連本として3冊出したようだ。
最近は井伊直虎本も出している。

で、今までの通説とはどうやら違うみたいという話や知らなかった話を紹介しようと思う。
小説や漫画(「殿といっしょ」など)にもよく登場する話が全否定されているのだ。


①信幸から信之への変名
もともと真田信幸といったが、通説では関ヶ原の後に西軍についた父(真田昌幸)との決別の意味を込めて、「信之」と改名したというのは結構有名。
だが、文書とか見てみると、再び「信幸」という名が使われていた形跡があるので違うんじゃねという話。
ちなみに真田家の通字(代々受け継がれる字)が「幸」のように思えるが、「信」。
真田昌幸自体が実は3男なので通字である信がつかない。
真田昌幸の父、真田幸綱(幸隆の方が有名だが綱が正解とのこと)の嫡男は信綱で、次男が昌輝(信輝ともいう)なのだが二人共長篠の合戦で戦死したので繰り上げで真田家を継いだのだ。

②関ヶ原の前に沼田城に寄った話
関ヶ原の直前に、犬伏(地名)で西軍蜂起の知らせを受けて、昌幸と信繁が西軍に、信幸が東軍に付くということで決別した後、昌幸たちは信幸の居城である沼田城に立ち寄り、あわよくば乗っ取ろうとしたところ、留守居役の信幸の正室小松姫(本多忠勝の娘)が現れて、入城させてくれない。
「孫の顔を見せてくれ」とお願いしても昌幸の思惑を読みきった小松姫は断固拒否するので、昌幸は「さすが本多忠勝の娘」と諦めて通り過ぎていったお話です。
ですが、実はこのとき小松姫は大阪の方の人質に居て、大谷吉継邸で保護されていたらしいので、この話は嘘とのこと。
ちなみに大谷吉継(私の好きな武将ですが)は信繁の舅。

③信之の妻
正室として本多忠勝の娘である小松姫(稲姫)が有名過ぎて、他に居たこと自体知りませんでしたが、正室を娶る前に真田信綱(昌幸の長兄)の娘である清音院殿と結婚している。
つまりいとこ同士で結婚でいとこ婚(そんな言葉があったのか)。
長篠の合戦後に武田勝頼の命令で結婚した。

④信幸と信繁の性格
イメージ的には冷静沈着な信幸と勇猛果敢な信繁ですが、実際は信幸は総大将にも関わらず常に先陣を切るほど勇猛果敢であり、逆に信繁は物静かで無口で、穏やかな人物だったらしい。


posted by 士季 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

世界一簡単な髪が増える方法~実践1ヶ月目

世界一簡単な髪が増える方法で記載した内容をやって約1ヶ月経ちました。

今まで夕方頃になると髪の毛がぺちゃんこだったのが、やり始めてからはそこまでぺちゃんこにならず、結構ボリュームが維持されているように思えます。
皮脂が少なくなったのかなあ。

やはり自分は毎日みているから顕著に効果が現れてくれないとわかんないですね。
こういうのはビフォアアフターで比較しないといけないか。


posted by 士季 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

書類送検“ブラック企業”334件

Yahoo!ニュースより、最近半年間で労働基準関係法令に違反した企業334件の一覧表を作成し、公表したとあったので、うちの会社(正確には親会社)あるかなあと思ってみてみた。

厚労省のHPにあるらしいが、すぐには見つからなかったので、リンク先を貼っときます。
ちなみにHPからトップの方にある「長時間労働削減推進本部」をクリックして、そこに「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というPDFがある。

各都道府県の労働局単位で記載があります。
検索してみたところ、うちの会社は残念?ながらありませんでした。
あまり聞いたことがない中小企業が大半だと思いますが、電通やらヤマト運輸など有名どころが数える程度あるくらいです。
また長時間労働だけでなく、危険防止措置を講じてなかったとかのも含まれます。
ブラック企業=長時間労働的なイメージがありますが、ここではあくまでも労働基準法違反の会社ということなので、ご注意を。
posted by 士季 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

HPからアクセスできるようにしました

はるか昔に作って放置していたHPから日記へのリンク先が前のeoblogだったので、修正してこのSeesaaブログの方にしました。
まだしがない新入社員だったので、それも修正。
このブログをブックマークにしてればいいですが、してない場合は不便なので修正しました(完全に存在を忘れてましたが)。
私の本名知ってる方向けですが。
posted by 士季 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

世界一簡単な髪が増える方法


世界一簡単な髪が増える方法.jpg長期連休だから一泊二日でどこかに行こうと思ってましたが、やはり昨日のソフトボールの筋肉痛で全身痛いので行くのは止めました。

それはさておき、何日か前の新聞広告に「世界一簡単な髪が増える方法」という本を見たので、購入してみた。
こういう本は概して薄い割にはお高い(実際1500円くらい)ですが、電子書籍版だと1000円かからない程度なのでちょっとリーズナブルです。

確かにお手軽にできることが多いし、また薄毛のタイプ(M字とかO字とか)で原因とか対策方法(マッサージの仕方)が違うとか初めて知る内容も多かった。
お手軽とはいいつつも自作の育毛液やらオイルパックの材料はその辺ではあまり売ってないものがある(まあネットで購入できるようですが)。

とりあえず、実践していることだけ紹介しようかと思います。

①シャワーヘッドを塩素除去のもの変える。
 水道水に含まれる塩素はよくないらしい。頭皮にいる善玉の常在菌まで殺してしまい、頭皮の状態を悪くしてしまうから。
シャワーヘッドはamazonとかで安いので3000円くらいで購入できる(私が購入したのは「三菱ケミカル・クリンスイ 浄水シャワー SY102-IV」でそれくらいのお値段です)。
付属のアダプタを使えば大体のシャワーには対応できるようです。

②シャンプーは基本的に2度洗い
 1度目で汚れ等を洗い流し、2度目で頭皮マッサージをするため

③シャンプーは◯◯硫酸系を使用せず、透明なのがいい。
 透明じゃないは界面活性剤(◯◯硫酸など)が多く含まれ、洗浄力が強すぎて皮脂を洗い流しすぎるし、塩素同様に善玉の常在菌を殺してしまう。
成分表示で最初の方になければ成分的には少ないので安心。
コマーシャルとかでもよく聞くので使っていたサクセスは白く透明じゃないし、成分表示見ると◯◯硫酸系が最初の方にあったのでNGですね。
あのスカーとする爽快感はあまりよろしくないらしい。

④ドライヤーは使用しない
 もともと自然乾燥派だったのですが、どこかで雑菌が繁殖するから駄目だと聞いたのでドライヤーを使ってました。
ただ自然乾燥でも2,30分もすれば乾くし、むしろドライヤーの熱で頭皮を乾燥させてしまう方がNGとのこと。
髪の毛長い人でドライヤーを使う人は頭皮に当たらないようにするか、冷風にすれば良いとのこと。

他にもありますが、気をつけているのは以上のことです。
あと、極端な糖質制限ダイエットもNGです。
栄養が足りないと末端部分からカットしていくので、その最初の被害が比較的優先度の低い髪の毛や爪とからしいです。

プロペシアを飲んで薄毛の進行は止まってますが、増えるわけではないので、この施策で増えることを期待したい。
posted by 士季 at 10:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする