2017年08月30日

ドラゴンクエスト11(3DS)

やっとドラゴンクエスト11をコンプリートしました。
といっても全モンスターと戦ったわけでもなく、全アイテムを入手したわけではないので、コンプリートとは言えませんが、とりあえずクエストやイベント類はすべてクリアしました。
また全キャラをレベル99までしました。
IMG_20170830_190822.jpgIMG_20170830_190829.jpg
一応ネタバレ防止のため、8人目のキャラの名前だけ隠してます。
レベル99にするとHPとMPや他のパラメータも基本切りの良い数値になってます(XXXのたねによるドーピングはしてない)。
ちからは主人公が意外にも一番強く、みのまもりは8人目のキャラ、すばやさはカミユ、きようさもカミユ、みりょくはマルティナのようです(多少装備の補正も入ってるから正確ではないかもしれませんが)。
スキルパネルはレベル99にしても全部埋まらず、1つ2つは余ります。
攻撃力のMAXは838で、攻撃魔力はベロニカで999、回復魔力はセーニャで909(装備変えたらもう少し行くかも)ってな感じです。
一応最強装備のレシピも入手して全部+3で作成済みです。
この最強装備手に入れるためにはXXと結婚しなきゃいけなかったのが辛い。。。
ちなみに3DS版だけですが、ドラクエ5の結婚のときの告白イベントと同様にその練習という形で仲間キャラ(男含む)に告白できるシーンがあります。
何度でも試せるので全キャラ見れます。
ここは音声が欲しかったところです。。。

プレイしていて全体的に普通に面白かった作品です。
クリアするのに60時間?くらいで、裏ボス(というか真ボス)倒すまでで100時間くらいで、3DS版のみのクエストクリアしたり、錬金したりするのでトータルで120時間くらいかかりました。
まあ、楽しめたのでよかったです。

ふっかつのじゅもんでPS4でどこまで近いデータになるか試してみましたが、ある時点以降だとどうやらその時点までしか戻れないみたいです。
おそらくですが、引き継げるのは主人公の名前とレベル?、場所といったところでしょうか。
装備品も適当な装備でしたし、スキルパネルもリセットされてます。

グラフィックは流石にPS4版の方がよかった(実家ではPS4版も購入して、そこで見たので)ですが、DS版でしか入手できない武器を数枚載せときます(装備品によって見た目が変わる仕様です)。

ベロニカ:黒猫のきぐるみ(普通のネコのきぐるみは序盤で入手できる)
IMG_20170830_191008.jpg
セーニャ:ラバースーツ
IMG_20170830_191043.jpg
女性キャラ:伝説のメダ女の制服(普通のメダ女の制服もある。なぜか5つ持ってる)
IMG_20170830_191101.jpg

最後にネタバレですが、エンディング中に流れるふっかつのじゅもんを使うとドラクエ1が無料で入手できる。
たぶんスマホ版と同じだと思われる(ただいまプレイ中)。

posted by 士季 at 19:45| Comment(0) | マンガ・アニメ ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

プレイボール2

プレイボール2.jpg 知る人ぞ知るちばあきおの「プレイボール」の続編がコージィ城倉によって「プレイボール2」として書かれて、1巻が発売されました。

プレイボールは1979年に終わったので、私の生まれる前の作品ですが家に漫画があったので、幼き頃はよく読んでおり、私の野球の原点と言える作品です。

著者のあとがきでも言ってますが、刺激が薄い作品で、凄い選手がいるわけでもなく、凄い技とか出るわけでもなく、淡々と熱心に野球を知ているだけの漫画ですが、不思議と読み続けたい作品です。

絵柄は大分ちばあきおに似せて書かれているので、それほど違和感はない(井口の顔だけ若干違うようで気になるくらい)。

中身は主人公谷口が頭脳派で若干策士めいているところが変わったと思いますが、これはこれで今のところ面白いのでいいです。
墨谷二中出身者ばかり登場するので、偏りすぎないようにしてほしいなあとちょっと思う。
初っ端なに洗濯機を出したところが、プレイボール読み返して書いたんだなあという印象をいだきました(個人的には好印象)。
思いっきりプレイボールの続きからなので、新規読者は読むのだろうか。。。

どこまで書くのかわかりませんが、打ち切りにならないことを祈りつつ、読み続けたいと思います。
posted by 士季 at 19:36| Comment(0) | マンガ・アニメ ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

真空のからくり


真空のからくり.jpg基本的に私の読書は歴史モノと推理小説に偏ってますが、たまに数学や物理、宇宙関連の本を読んでます。
今回読んだのは「真空のからくり」という本です。
思いっきり量子力学というか素粒子物理学の本でした。

真空とは一般的に知られているのは「何もない状態」のことだと思います。
古典物理学では、その意味で誤りはありませんが、量子力学では何もない状態はありえないのです。
Wikipediaで一応の定義を見てみると、量子力学では「十分な低温状態下を仮定した場合に、その物理系の最低エネルギー状態」と定義されているらしいです。

なぜ量子力学では何もない状態がありえないかというと、量子力学には不確定性原理というものがあります。

不確定性原理は「ある粒子の運動量と位置を同時に正確に知ることは原理的に不可能であること」を言います。

位置を正確に測ろうとすると、運動量(まあ速さです)は正確に測れず、逆も然りという原理です。
量子力学上、この位置の誤差と運動量の誤差の積が一定値以上であることが導き出されるためです。
正確に知るということは誤差が0で、これは上記の積の値が0となり、一定値より小さいことと矛盾するため、不可能ということです。
この式を操作すると、同様にエネルギーの誤差と時間の誤差の積が一定値以上であることが導き出されます。
正確なエネルギーを測ろうとすると、いつの時点で測定したのかが不鮮明なるということです。

何もない状態ということはエネルギーが0で確定できている状態なので、これはありえないことが不確定性原理より言えます。

では、何が起きているかというと電子対生成と電子対消滅が起きてます。
電子対というのは電子と陽電子のペアで、何もないところは電子と陽電子のペアの生成と消滅が延々と繰り返されており、観測できるレベルではなにもないけど、人間では観測できない時間内ではこの生成、消滅がされているという。
間接的には実証されているみたいです。

この辺りは知識としては当然大学で学んでいるので知っていましたが、この不確定性原理により量子力学レベルではエネルギー保存則が破られてもいいというのは盲点でした。
物理を学んでいるとエネルギー保存則等の保存則が成立していて、破れていることはないと思い込んでましたが、量子力学レベルの時間スケールでは破れても問題ないというのを不確定性原理と結びつけて考えることはなかった(もしかしたら授業では言っていたかもしれませんが)。

なかなか勉強になりました。
素粒子物理学では多くの日本人物理学者が活躍し、ノーベル物理学賞の多くはこの分野で受賞してます(湯川秀樹、朝永振一郎、小林誠、益川敏英、南部陽一郎)。

posted by 士季 at 22:52| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

Cover Story Basic復活?

紙の本も大量(積読本で200冊くらい?)にありますが、電子書籍はもっと多い。

それはともかく電子書籍のリーダーとして今はなんだかんだで、
スマホ
タブレット(IPad mini)
Sony Reader
Cover Story Basic
の4種類持っている(PCでも読めるけど略)。

初めて買ったのは韓国製のCover Story Basicだったが、ある時起動しなく成ったので押入れに片付けて放置していた。
湯船に浸かりながら読むようにジップロックかなんかで水気が極力つかないようにしながら、使用していたのだろうがなんかつかなくなった。
今は代わりにSony Readerの方を潰れてもいいやという感じで特にカバーもつけずに何年も湯船に浸りながら読んでるが意外とつぶれないもんです。

で、押入れを片付けていたら発掘したので、試しに充電してみて電源押したら、なんと起動した。
問題なく本も読める。
ちょっとびっくり。
まずは紙の本を読むのが主なので出番は少ないが、また気が向いたら読んでみよう(つかなかったりして。。。)
posted by 士季 at 23:50| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

生アーモンド

ダイエット中というか完全に維持モードに入ってますが、基本的に炭水化物の摂取量を少なめにしています。
が、なんだかんだで小腹がすいた時にお菓子を食べますが、如何せんお菓子は炭水化物の塊ばかり。
なので食べるのは炭水化物が少ないチョコレート(カカオ88%とか)や前に紹介したアーモンドをよく食べてます。
特にアーモンドは事前に素焼きされている素焼きアーモンド(ローストアーモンド)を食べてます。
低炭水化物、高タンパク質、高脂肪だけど植物性脂肪なので健康にも良い。
ただ食べ過ぎはよくないので一握り分くらいが良いです。
食べてるとやみつきさがあるので、二握り分くらいは食べてしまうときがある。

それはさておき今回間違えて生アーモンドを購入してしまいました(だいたい買うときは1kgくらい買ってる)。
生でも食べれるとのことなので食べたのですが、あんまり美味しくない。

ということでフライパンで軽く炒ってみた。
パチパチっと鳴り出したらちょうどいいくらいです(だいたい数十秒程度)。

食べてみると、いい感じで焦げ目もついて、水分が適度に飛ばされているのか美味しいです。
特にもう1回食べようとするとまたフライパンで炒らなきゃいけないので面倒くさがりな私としては食べ過ぎ予防にもなっていいです。
今度から素焼きアーモンドではなく、生アーモンドを注文しよう(ちょっと安いし)。

どうでもいいですが、この前仕事で銀座に行ったときのお昼休憩に日産のショールームに立ち寄って撮影したものを貼っつけときます。
NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismo
15019220208560.jpg

Vmotion 2.0
15019223534370.jpg
あと1階にはNISSAN GT-R NISSMO(R35)もあったけど、全体画像ないので掲載しない。
posted by 士季 at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする