2017年01月16日

2017年初ボウリング

IMG_20170118_201817.jpg年明け早々土日仕事でしたが、ちょっと余裕が出てきた(今週来週だけだが)ので、今週は平日に休みを取りまくるつもりです。
ということで、まずはボウリングに行ってきました。
10時前というのに全レーン埋まるくらいに混んでいた。
老後の楽しみというか定期的な運動として通っているのだろうか、まあそれなりのご年配の方が一人一レーンという感じで埋まってました。
若者?も私を含め若干名は居ました(挨拶するくらいの知り合いも私の帰り際に来た)。

1ヶ月ぶりくらいなので、今日は控えめに10ゲームしました。
基本的にスペアは比較的よく取れましたが、ストライクが続かないのでスコアがあまり伸びず、微妙な感じでした。
6ゲーム目まででターキー1回、ダブル3回と最近の状況からはひどい出来でした。
が、7ゲーム目にどどって来ました。
ボウリングをやってると流れというか、ゾーン(黒子のバスケで出てきますが、一般的な用語で超集中状態のこと)に入っているのか、調子に乗ってくることがある。
この状態だと失投してもなぜかうまいこと曲がったり、ピンが倒れてくれたりする。
7thストライクが出て、このまま行くと最高の280行くかなあと思ったら、10フレーム1投目で失投ではなかったもののなぜかスプリット。
2本横に並んでいるスプリットで、取れなくもないけどピンのちょうど間を狙わなきゃいけないので、中難易度くらいですが、投げた瞬間ちょっとずれたかなあと思いましたが、ギリギリスプリットメイクできました(ちょうど真ん中ではなく、ちょっと右より)。
隣のおじさんたちも「魅せてくれるねえ」とつぶやく。
そして最後もストライクで締めるという、ある意味いい終わり方。
スコアも258と良い出来。
1ヶ月に一回くらいは240以上叩き出すようになっているので、徐々には上達しているんだろう。
ただ隣の大学生くらいの兄ちゃんは速くて曲がるボールをうまく(フォームが綺麗という意味)投げていたので、ちょっと羨ましい感じでした。
もうちょっとバックスイングが上がれば見栄えもいいのだが。。。。
ということで本日のスコアは以下。
159、154、164、180、190、183、258、116、181、203
スペア44(41%)、ストライク39(36%)、アベレージ178.8
ラスト3ゲームはハウスボール。
今年も社内ボウリング大会あるだろうから、王者奪還を狙うためにもハウスボールの特訓をせねば。
posted by 士季 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

2017福岡 食事編

IMG_20170109_180627.jpg今回の福岡での食事を時系列して無視して書きます。
まずは博多駅の2階に、博多めん街道という麺類の店が集まったコーナーがある。
その中でも人気のある「博多らーめんShin-Shin」という店に行った。
ここは行列が出来ていて、まだ17時位でそこまでお腹が空いていたわけでもなかったので、待つのは全然問題なかった。
で、注文したのが左の画像のスタンダードな餃子セット1000円。
麺の硬さは7段階あり、注文の多いという硬めで注文した。
食べてみると、言うほど固くなく、柔らかく感じたので、もう一段階固いやつでもよかったかもしれない。
ちなみに奥に見えるおひつはご飯ではなく、紅しょうが。
餃子は一口サイズ。
去年来たときは博多ラーメン食べてなかったので、麺類控えている身ですが、行ってきました。
まさに博多ラーメンという豚骨ラーメンでしたが、特別うまいという感じではなく、普通に美味しいものでした。

IMG_20170111_122833.jpg次は博多駅の地下1階にあるお食事どころ「博多一番街」にある「天神ホルモン」という店に行った(上記と同日ではない)。
天神ホルモンも博多名物で、この店は目の前の鉄板上で調理してくれて、調理したものを直接、アルミホイル上においてくれるもの。
注文したのはスタンダードなホルモン定食1280円。
ホルモンの量は200gで、+50gで+300円。
ご飯と味噌汁はおかわり自由。
そのままでも食べれるし、タレ(タレの左側は酸っぱかった)をつけても美味しくいただける。
ご飯が全然足りない感じでしたが、ダイエット中のため控えました。
行列ができることもあるらしいが、私のときは普通に入れました。
IMG_20170110_173331.jpg次で最後ですが、私が宿泊した南福岡駅の近くにある「びっくり亭 本家」という焼肉屋。
これまた別日で、17時くらいに店に行きましたが、すでに結構混んでいた。
博多のB級グルメとして有名な店らしいです。
特製のにんにく味噌(辛め)と絡めて食べます。
画像でわかるかと思いますが、鉄板の下(正確には鉄板を乗せた台の下)に木片を挟んでいます。
傾けることで、下側に油をためて、そこに辛味噌を投入し、ラー油的なものを作って、そこに焼肉を絡ませて食べるスタンスです。
ただ私のものは油が少ないのか、角度が小さすぎたのかあんまり油がたまりませんでしたので、そのまま味噌を絡めて食べました。
結構辛いけど、私的にはちょうどよく、これも美味しいものでした。
若干肉が少なかったかなあ。1.5皿か2皿分頼めばよかった。
今回は食でもなかなか満足しました。
posted by 士季 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017福岡 東長寺

IMG_20170111_114608.jpg
住吉神社を出て、地下鉄線方面に進んで何分か行くと東長寺がある。
地下鉄線の「祇園駅」近辺になります。
あまり聞いたことがないところでしょうが、この東長寺には国内最大級の大きさの木造坐像である福岡大仏と朱色の美しい五重塔がある。
東長寺は空海が日本で最初に創建したお寺です。
また黒田家の第二代、三代、八代の墓もある。
左の画像は本堂ですが、ここに大仏があるわけではない。
この本堂の右手側に社務所?があり、その2階が大仏殿です。
大仏殿に入って、すぐに福岡大仏が鎮座している。
大仏の大きさは16.1m。
奈良の東大寺の大仏の大きさで約15mなので、それより1m近くでかい。
木造なので、木目があるし、頭の螺髪(ぐるぐる巻いた突起のようなやつ)は紺色で目立ち、非常にインパクトがある。
これは結構見る価値がある。
写真撮影禁止のため画像はない。
その隣の部屋には大仏様の製造過程の写真が貼られていて、首がびよーんと長くて、それを胴体に挿しているところはなかなか不気味です。
また大仏様の下は地獄極楽めぐりが設置されていて、そこに入ると地獄絵図のレリーフがあり、さらに進むと真っ暗な通路がある。
2組のカップル?らしきグループがいて、女性陣が真っ暗で怖いとか言って、前で立ち往生して道を塞いでいて非常に邪魔でした。
IMG_20170111_114802.jpgそれを無視して通路を進むと、それに乗じて入った様子です。
本当に真っ暗で何も見えませんが、人一人通れるくらいの幅で左手側に手すりが、右手側が壁なので、両方に手をついて進むと問題なく勧めます(グネグネ曲がっているので、手すり掴まないと壁にぶつかる)。
それを出た先にはお釈迦様のレリーフがあります。
さて、次に本堂の右手側には左の画像のような朱色の五重塔があります。
平成23年に竣工されたので、まだまだ新しい。
5階には空海が持ち帰ったという仏舎利が納められている。
朱色が映えてきれいなもんでした。
人はあまり居なかった。
この五重塔の脇の道を少し行くと墓所がある。
上に書いた黒田家二代藩主の忠行公の墓は名前付きで書かれていたが、他の藩主の墓は名前がないので一見わからない(大きさが違うので一応それかなというのはありましたが)。
本堂の正面には六角堂があったが、そちらには行かなかった。
博多駅からも近いし、博多に行った際には立ち寄っているといいでしょう。
posted by 士季 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017福岡 住吉神社

IMG_20170111_112413.jpg続いて、住吉神社に行ってきました。
住吉神社は博多駅を博多口より出て10分程度歩いたところにあります。
住吉神社は筑前国の一宮(一の宮はその国で最も社格の高いとされる神社のこと)。

住吉神社は全国2000社あり、その総本社は大坂にありますが、福岡の住吉神社が始原であるという説があるとのこと。
現在の本殿は黒田長政(黒田官兵衛の子)による造営で、「住吉造」という建築様式で国の重要文化財です。
筥崎宮もそうですが、こちらも結構人が居た。
本殿の前に神門という門があり、そこにおみくじスペースがあり、普通のおみくじやら恋みくじなるものがあった。
とりあえず普通のおみくじを引いてみると珍しく「大吉」でした。
初詣で近所の神社に行ったときは小吉でしたが。。。。
またこの本殿の脇には古代力士像がある(下の画像)。
力士像というより、顔面はギリシア神話に出来きそうなゼウス様のような髭面です。IMG_20170111_112115.jpg

なんでも昔、新横綱は横綱の免許取得に際し、熊本の吉田司家に行った帰路に必ず住吉神社に参拝したとか。
神社内に相撲場があり、少年相撲大会とかが行われているんだろうと思われる。
あんまり調べずに行ったので、ちょこっとしか見ませんでした。
posted by 士季 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017福岡 筥崎宮

年末年始の休みが終わった後、IMG_20170111_104814_1.jpgの3連休は土日出勤して、月曜から木曜まで福岡出張でした。
ちなみに去年も別の仕事ですが、同日の1月9日に福岡に出張に行きました。
去年は一日早めに行って観光してましたが、今回は土日が出勤だったこともあり、観光できないと思ってました。
ところが、仕事が順調に行って、1月11日の午前からの仕事が夜だけになって、ちょっと時間が空いた分、博多周りでちょっと観光してきた。
その最初が筥崎宮(はこさきぐう)に行ってきました。
筥崎宮は博多からJR鹿児島本線に小倉方面に乗って2駅ほどの箱崎駅から歩いて数分のところにあります。
筥崎宮は筥崎八幡宮ともいい、日本三大八幡宮の一つです。
平安時代の延喜21年(西暦921)、醍醐天皇が神勅により「敵国降伏」の宸筆を下賜され、この地に壮麗な御社殿を建立し、延長元年(923)筑前大分(だいぶ)宮(穂波宮)より遷座したことになっているとのこと。
平清盛ものか元寇ものの小説で筥崎という地名が出てきてたので覚えてました。

1月11日に行ったわけですが、行ってみると年始ということで人が多いのかなあと思いきや、報道関係の人も結構居ました。
何事かと思っていたら、1月11日は「承天寺一山報賽式」という神事が行われるとのこと。
IMG_20170111_100058.jpgこの神事は鎌倉時代の仁治2年(1241年)5月、博多承天寺の開基・円爾(聖一国師)が入宋研学の修業を終え帰国する際、突然の悪天候に遭遇し船がいまにも覆えろうとする悲境に陥ったが、一意専念遙かに筥崎宮の御加護を祈願したところ、無事帰朝することができ、その御礼の為に筥崎宮へ参拝したのが、翌年の1月11日であったことから、以来途切れることなく、承天寺一山の僧侶方によるお詣りが続いているらしい。
770年以上続く伝統ある行事です。
で、着いたのがちょうど10時で、神事も10時からなのでどうせ時間もあるしということで、見ていきました。
時間的には30分程度です。
読経して、途中からはこの拝殿上をぐるぐるととS字を描くように巡りながら読経しておりました。
ときたま飛行機が飛ぶ音でかき消されたりするところは残念なところです(福岡空港からそんなに離れてないし)。
一般客は上の画像で言うと、正面(私の位置)と左手側で見ることができ、右手側は祈願を望む人達のような配置になっている。
神事中でも賽銭箱の前は空けているので、お参りすることは可能。
テレビカメラをもった報道陣も2組くらい居て、一般参加の方も写していたので、こっそり写っているかもしれない。
あと、ここは露天が並んでましたが、10時位だとあんまり空いてませんでした。
HPを見ると、露天で筥崎宮名物の社日餅なるヤキモチがあるみたいで、食い損ねました。
続きを読む
posted by 士季 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする