2017年06月04日

ソフトボール練習2回目(2017年)

ソフトボールの練習2回目です。
実際は3回目ですが、前回は腰が痛すぎて止めたので、私としては2回目です。
なんだかんだで今週土曜日が試合です。
今回は珍しく参加メンバーが多く、11人。

練習した後に簡単に4対4対3人でチーム組んで試合しました。
どうやったかというと、4人が攻めるときは残りの7人+攻撃側のチームから1人で守備をするような感じです(キャッチャーはなしですが、攻撃側で出塁していないメンバーがやっていた)。

ということで私は延々とピッチャーやってました。
そんな本気モードでやってはいないのですが、あんまりコントロールもスピードも出てなかった。
やはりキャッチャーいないとコントロールは効かないもんです。

打つ時は前回のアドバイスを元にやったのですが、なんか高いフライばっかり打ってしまいました。
斜めに叩き切るようにしたら、ボールの下側ばっか当たってたんでしょうね。
気持ちボールのちょい高めを狙ったほうが良さそうです。

それにしても今日は天気がよかったので日に焼けてしまい、風呂上がりには両腕が真っ赤っ赤でちょっと痛い。。。
posted by 士季 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

第3回ボウリング大会

今日はうちの会社は創立記念日で半ドンでした。
そして、毎年恒例になっている社内のボウリング大会が開催されました。
ルールは毎年同じで、2ゲームやって、個人、チーム、事業所での順位を競います。
事業所内で個人とチーム3位まで景品がもらえて、事業所全体での個人やチーム、事業所で優勝するとトロフィーがもらえます。

第1回は1位(個人総合でも1位)、第2回は2位(個人総合では10位以内だったかな?)だったので、今年はリベンジを果たしたいと思ってました。

なので、また今回ボウリング場が別のところなので、事前に下見に行きました。
そうするとボールがあんまり曲がってくれないレーンで、散々な結果(アベレージ150くらい)でした。
またGW前に行った下見を最後にボウリングしてなかったので、ちょっと今年はやばいかもなあと思いながら、大会に望みました。
なお、第2回のblogにマイシューズ持っていこうと書いてましたが、その記事を全然読んでなかったので持参しませんでした。

ただ今年は急がずにのんびり休憩しながらやってました。

まずは1ゲーム目。
練習投球から予想通り曲がらない感じだったので、重めのボール(14ポンド)でゆっくり投げて曲げてました。
ただこれではあまり安定せず奇数フレーム辺りでストライクが出ても、次のフレームでは続かったのでスコアが伸びなくて、もう思い切って軽めのボール(12ポンド)で速く投げることに切り替えて、多少スコアが安定するようになった。
その結果、1ゲーム目は147となかなか酷い出来でした。
周りのお偉いさん(執行役員)方には今日は調子悪いなあと心配される始末(ボウリングがうまいということで事業所内では名が知られているみたい)。
また同じチームのボウリングのうまい同僚Aさんや前回優勝者の大先輩もボールがうまいこと曲がらない(コントロールしにくい)ということもあり、フックボーラーは苦戦してました。
この時点で5位か6位だったので、今日はだめだろうと思っていた。

さて2ゲーム目。
12ポンドで思い切ってちょっと速めのフックボールを投げたら、思っていたより曲がって1投目がストライク。
そしてそのままターキー出たので、行けるかもって感じでした。
またAさんも私同様に調子が上がってきて(1ゲーム目は私より悪い137)、スペアを確実に取れるように成っていた。
二人で競うように良いスコアを出してる一方、周りの人たち(1ゲーム目の上位者)は1ゲーム目でバテたのかスコアが伸びなかったので、ちょっと優勝できるかもと思ってきたのが5フレーム目あたり。
6,7フレーム目で10ピンだけ残る1投目になり、10ピン取るのは下手なので案の定取れずに失敗。
その間Aさんがスペアで確実に稼いでいたので、ちょっとずつ追いつかれてきつつあった。
これじゃやばいだろうなあと思い、ちょっと深めに曲がるように投げるとまたもやストライクが連続で出だして、都合4thを出して、2ゲーム目はスコアが222とダントツでトップになりました。
Aさんも177とかでなかなかいいスコア(ノーミス)。

そして最終結果は個人成績は私が優勝!(ave184.5)、大先輩が2位、Aさんが3位でした。
なんだかんだで順当な順位でした。
チーム順位も1位でした。
ただ景品が個人1位は高そうなジャムの詰め合わせ(6種類)に対して、2位が4種類の肉のセットなので、個人的には2良いの景品が良かった。
とくに最近はダイエット(といっても現状維持が精一杯だが)で普通のパンはあまり食べないので、なかなか難しい。
ブランパンの食パンあるかなあ。。。

ということで今年はリベンジを果たし無事優勝出来ました。
スロースターターな私としては2ゲーム目で200超えは結構珍しいので、なんだかんだで本番に強い男のようです。
ただ1ゲームが悪かったせいでアベレージがちょっと低いので、社内での個人総合優勝は難しいかも。
posted by 士季 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

真田信之

真田信之.jpg真田信之は真田昌幸の長男で、真田信繁の兄。
華々しく散った信繁に比べて影の薄いお兄ちゃんですが、江戸時代の上田藩、松代藩の初代藩主です。
戦国時代でもトップレベルの長命さで享年93才。
戦国時代で大名になった人物で一番長命だろう人物は大島光義で97才(美濃国関藩)。
93才で関ヶ原にも出陣したらしいという基地外武将。
性格な年齢はわかんないながら、大名じゃないけど、石田三成の嫡男石田重家が関ヶ原後仏門に入って生き延びて享年104才らしい。

さて、それはともかく真田信之は大河ドラマ「真田丸」で大泉洋が演じたことで多少なりとも名が売れたと思いたいところだが、まだまだ関連書籍は少ない。
そんな中、真田丸の監修もやっていた黒田基樹氏が解説本を出版していたので読んでみた。
黒田氏はたぶん専門は関東で北条や関東官僚上杉(謙信ではない)などなどをよく読むが、最近はいろいろ書いているみたい。
この本のあとがきにもありましたが、真田丸の監修をやるとのことでいろいろ調べた結果、まとめたのを真田関連本として3冊出したようだ。
最近は井伊直虎本も出している。

で、今までの通説とはどうやら違うみたいという話や知らなかった話を紹介しようと思う。
小説や漫画(「殿といっしょ」など)にもよく登場する話が全否定されているのだ。


①信幸から信之への変名
もともと真田信幸といったが、通説では関ヶ原の後に西軍についた父(真田昌幸)との決別の意味を込めて、「信之」と改名したというのは結構有名。
だが、文書とか見てみると、再び「信幸」という名が使われていた形跡があるので違うんじゃねという話。
ちなみに真田家の通字(代々受け継がれる字)が「幸」のように思えるが、「信」。
真田昌幸自体が実は3男なので通字である信がつかない。
真田昌幸の父、真田幸綱(幸隆の方が有名だが綱が正解とのこと)の嫡男は信綱で、次男が昌輝(信輝ともいう)なのだが二人共長篠の合戦で戦死したので繰り上げで真田家を継いだのだ。

②関ヶ原の前に沼田城に寄った話
関ヶ原の直前に、犬伏(地名)で西軍蜂起の知らせを受けて、昌幸と信繁が西軍に、信幸が東軍に付くということで決別した後、昌幸たちは信幸の居城である沼田城に立ち寄り、あわよくば乗っ取ろうとしたところ、留守居役の信幸の正室小松姫(本多忠勝の娘)が現れて、入城させてくれない。
「孫の顔を見せてくれ」とお願いしても昌幸の思惑を読みきった小松姫は断固拒否するので、昌幸は「さすが本多忠勝の娘」と諦めて通り過ぎていったお話です。
ですが、実はこのとき小松姫は大阪の方の人質に居て、大谷吉継邸で保護されていたらしいので、この話は嘘とのこと。
ちなみに大谷吉継(私の好きな武将ですが)は信繁の舅。

③信之の妻
正室として本多忠勝の娘である小松姫(稲姫)が有名過ぎて、他に居たこと自体知りませんでしたが、正室を娶る前に真田信綱(昌幸の長兄)の娘である清音院殿と結婚している。
つまりいとこ同士で結婚でいとこ婚(そんな言葉があったのか)。
長篠の合戦後に武田勝頼の命令で結婚した。

④信幸と信繁の性格
イメージ的には冷静沈着な信幸と勇猛果敢な信繁ですが、実際は信幸は総大将にも関わらず常に先陣を切るほど勇猛果敢であり、逆に信繁は物静かで無口で、穏やかな人物だったらしい。


posted by 士季 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

世界一簡単な髪が増える方法~実践1ヶ月目

世界一簡単な髪が増える方法で記載した内容をやって約1ヶ月経ちました。

今まで夕方頃になると髪の毛がぺちゃんこだったのが、やり始めてからはそこまでぺちゃんこにならず、結構ボリュームが維持されているように思えます。
皮脂が少なくなったのかなあ。

やはり自分は毎日みているから顕著に効果が現れてくれないとわかんないですね。
こういうのはビフォアアフターで比較しないといけないか。


posted by 士季 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

書類送検“ブラック企業”334件

Yahoo!ニュースより、最近半年間で労働基準関係法令に違反した企業334件の一覧表を作成し、公表したとあったので、うちの会社(正確には親会社)あるかなあと思ってみてみた。

厚労省のHPにあるらしいが、すぐには見つからなかったので、リンク先を貼っときます。
ちなみにHPからトップの方にある「長時間労働削減推進本部」をクリックして、そこに「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というPDFがある。

各都道府県の労働局単位で記載があります。
検索してみたところ、うちの会社は残念?ながらありませんでした。
あまり聞いたことがない中小企業が大半だと思いますが、電通やらヤマト運輸など有名どころが数える程度あるくらいです。
また長時間労働だけでなく、危険防止措置を講じてなかったとかのも含まれます。
ブラック企業=長時間労働的なイメージがありますが、ここではあくまでも労働基準法違反の会社ということなので、ご注意を。
posted by 士季 at 22:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする