2017年07月08日

パンク修理を試みた

パンク修理.jpg最近というかずっとですが、自転車の前輪が1週間くらいで空気が結構抜けてしまってました(週末しか乗ってない)。
パンクかなあと思いつつ、近くに自転車屋もない(特に探してないけど)ので、まあ空気入れ直したらその日は乗れるので、それでやってました。

が、思い切って自分でやってみるかということで、左の画像のような自転車のパンク修理セットを百均で買ってきました(左の画像は拾い物です)。

使い方は裏面にも書いてますし、同じ内容ですが中に説明書があります。

やる作業は自転車屋でやる作業とほぼ同じ。

①空気を入れるところのバルブを外す。
最初のナットを外すと、プランジャーという細いものが入っていて、これを抜くと一気にタイヤの空気が抜ける。

②タイヤレバー(赤いやつ)を使って、ゴムタイヤをホイールから外していく。

③タイヤが一通り外れきったら、中からチューブを引っ張り出す。
IMG_20170708_105919.jpg

ここまでやると、なんか自転車屋っぽいことしてるなと実感してくる。
ちなみにうちのアパートの自転車置き場の横で作業していたら、目の前の1階の住人の方がベランダに出てきた時に「パンクの修理ですか。自分でやるなんて凄いですね」と声をかけられてちょっとびっくりしました(初会話)。
当たり前ですが、物珍しいんでしょう。

④水を入れた洗面器にチューブを浸して(当然空気を入れて)、空気が漏れている場所を確認する。
・・・が何回やっても空気が漏れている場所が発見できず。
浸す際に空気がくっつくのでたまに泡が見えてやっかいですが、圧縮しても特に漏れないので、どうやらパンクではなさそうかと断念。

本来ならパンクの場所を発見したら、サンドペーパーでよくこすって、ゴムのりをつけ、乾いたらパッチ(黒いやつ)を貼り付けてトンカチが軽く叩いて、透明フィルムをつけて完成という流れでした。

ということで、パンクではない?のかどうかよくわかりませんが、あと可能性があるのがナットがちゃんとしまってなかったのか、もう一つはつける際に気になったのがプランジャーが若干入りきってないような気がする。
プランジャーがちょっと浮いてるせいでそこから空気が漏れているんじゃなかろうかと。
とりあえず、ナットをきつく締めることでプランジャーの浮きをなくそうと頑張ってみた。

結果は来週確認します。

まあだいたい修理方法はわかったので、これからは自分でパンクは直せそうですw
posted by 士季 at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

尾崎牛

ちょっとした報奨金が出たので、ちょっと高めの飲み会ということで尾崎牛の焼肉へ行ってきました。

尾崎牛は宮崎県の尾崎さんが飼育しており、国内で初めて生産者の名を冠した牛です。
月の出荷数が30頭を超えない幻の牛だそうです。
牛肉の格付けではA5ランクとのことで最高級品。
ちなみに等級のアルファベットは歩留(ぶどまり)等級というもので、枝肉から、小分けするときに、無駄なく肉が取れる割合を表しています。
枝肉は牛1頭から皮や骨、内臓などを取り除いた状態のもののことを言います。
A等級は標準より上です。
対して5とかの数字は肉質等級を表していて、「脂肪交雑」、「肉の色沢」、「肉の締まり及びきめ」、「脂肪の色沢と質」の4項目に対して5段階評価したもので、ぶっちゃけて言うと「霜降りの度合い」だそうです。

ということで、今回のこの幻の牛を賞味してきました。
ちなみにコースで8000円コース(飲み放題なし)です。
まずはタン3種類。
14992563973183.jpg

ゲタタンというのは下の先っぽの部分です。
上タンが肉厚でうまい。
次は4種類の肉。
14992563782532.jpg

種類としてはシキンボウ(後ろ足の外腿)、ウデ、ザブトン(肩ロースのアバラの骨側にある肉)、サーロインです。
一番うまかったのはザブトン!
このコースにはなかったけど、サーロインより高く女王とも評されるシャトーブリアン(フィレ(股関節)の一部で肉質の良い中心部分)があり、160gで9900円くらいなので別途頼むのも気が引けたので避けました。
その代わりにこっそり、ハラミとヒレ肉ステーキ?かなんかを注文して食しました。
14992563465300.jpg

通を気取るわけではないですが、タレじゃなくて岩塩で食うのが一番美味しかった。
ある人はわさびと岩塩で食ったのがうまいとも言っていた。
さすがに良い肉は美味しかった。
posted by 士季 at 21:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

伊豆 わさび園かどや

ドラマ「孤独のグルメ」でも話題になった「わさび園かどや」に行ってきた。
孤独のグルメわさび丼.jpg
場所は河津町で伊豆半島の南側で、天城山を越えた(まさに天城越え)ところの山中にあります。
横浜からだと車で3時間ちょいといったところです。

わさび園かどやは食堂が9:30~14:00までと時間制限が結構きついのでお早目に行った方が良い。
我々はろくに調べずに行ったから渋滞したらやばかったですが、13時過ぎに着いたので間に合いました。
13時過ぎだと若干空いていて、14時前だと駆け込みかなんかで待ちが出るくらいにちょっと混みます。
放送された直後当たりは結構殺到していたみたいです。

メニューはやはりメインは「わさび丼」で、その他にわさびそば等があります。
わさび関連はそばとあとわさび焼酎なんかがあったと思います。
普通はメインのわさび丼を食うべきところですが、私はわさび丼を食べませんでした(友人らはわさび丼を食べた)。
わさび丼の画像は拾いものですが、↓になります。
わさび丼.jpg
鰹節にご飯(所謂ねこまんま)にわさびを乗せた丼になります。
魚が嫌いな私としては鰹節がいっぱい入ってるのは苦手なのです(ちょこっとあるくらいならいいのですが)。
ちなみに生わさびは自分ですりおろします。
14989488920012.jpg

↑の画像のように生わさびを渡され、茎の部分を折って、そこから鮫皮のおろしで最後までおろします。
食べ方は店員さんが教えてくれますが、すりおろしたわさびを乗っけて、わさびにかからないように醤油をかけて食べます。
わさび丼とそばのセットを頼むと2本渡されます。
さて、私が食べたのは、「わさびそば」
14989488765541.jpg

わさびがそばに刷り込まれたものになる。
食べ方は生わさびを乗っけて、それがつゆに浸からないようにして食べる。
基本的に私はわさびの鼻にツーンと来ると来るのが苦手です。
が、この生わさびで案の定、鼻にツーンて来ますが一般のわさびより不快感が少なかったので、いい感じの美味しさでした。
ただ、わさびそばではなく普通のそばで生わさびを乗っけて食べても変わらなかったような気がします。
一緒に行った友人らはわさび丼を食べました。
わさび丼はうまかったけど、そばは普通だったという評でした。
ちょっと食わず嫌い?でわさび丼を止めましたが、ちょっと後悔しました。
ここに来たら、わさび丼をまず食べましょう。
たしか値段はわさび丼単品だと400円くらい、わさびそばは900円、わさび丼+そばのセットで1200円(大盛り各100円)でした。
ちなみにこの店にはわさびアイスなるものがあったので食べてみた(360円)。
14989488618200.jpg

あまりわさびの味がしなかった。。。

さて、今までのは食堂で隣接する形でわさび商品が売ってるスペースがある。
そこで私はご飯のお供である「わさび味噌」と「岩のり」を購入した。
14989488213420.jpg

わさび丼には少しだけですがついているので、そこで美味しければここで買わせようといったところでしょう。
その他にはわさびゴマダレとかわさび塩などなどが売っていた。

最後に帰り道の途中にあった道の駅「天城越え」に寄った。
ここでもわさび関連商品が一杯売っている。
まずは店頭に2種類のわさびソフトが売っていた。
14989487795131.jpg一つ目は←の画像のようにバニラソフトクリームに生わさびを乗っけただけというわさびソフトクリーム。
当たり前ですが、わさびの部分以外はバニラです。
もう一つは別の店ですが、バニラ生地に生わさびを練り込んで全体的に緑色になったわさびソフト。
そちらの方はわさびの味があんまりしなかったようです。
ただたまに塊が入っているとのこと。

あとその他のお菓子として私が購入したのは「激辛柿の種」と「わさびかりんとう」。
わさびかりんとうは試食があったので食べましたが、最初はかりんとうの味がして、後にわさびの刺激が来て、これはよかったので購入。
柿の種はきっとわさびが入ってるんだろうと思ったので購入して、いま成分みたらわさび入ってませんでした。。。。
パッケージに唐辛子の絵が書いてあるんだから当然か、騙された。

ということで、今日はわさび三昧な一日でした。

P.S.
なぜか「かごや」になってたので「かどや」に修正しました。
posted by 士季 at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

久々にボウリングに行ってきた

ボウリング大会を除けば久々にボウリングに行ってきました。

あまりスコアは期待してませんでしたが、案の定ボロボロでした。
2ゲーム目ですでに腕が痛くなった。
家でダンベルとかで鍛えているとはいえ、基本上腕部になり、ボウリングは前腕部の方が使われているようだ。
ついでに握力も使うので指の筋肉も結構きている。
慢性的に痛めている腰はとりあえず大丈夫だった。

さて、肝心のスコアは150超えが1回で、それ以外は150以下とひどいものでした。
マイボールで投げると曲がりすぎて、ホットスポットではなくど真ん中に行くし、右端(10ピンや6ピンなど)が残った場合にストレートを投げてみると若干曲がるので、外れる。
ターキーは何回か出たものの本当今日のスコアは最悪でした。
ハウスボールで投げた方が調子がいいかもしれない。
こんなスコアを見ていたら、本当にボウリング大会でよく勝てたなあと感心する。
あとボウリング場行くまでに坂道があるのですが、そこを自転車で登ろうとしたときに前はそこまでしんどくなかったのですが、今日行ったら結構ハードでした。
立ち漕ぎじゃないときつい。

ということでボウリング場通うということで、太腿の筋肉やら普段使っていない筋肉が鍛えられていたようです。
最近忙しくて行く気力もなかったが、またボウリング通いするかと思った次第です。

ちなみにこの前の6月22日はボウリングの日でした。
1861年6月22日に始めて長崎にボウリングが伝わった日なのでボウリング協会が定めたみたいです。
posted by 士季 at 17:10| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

第3回ボウリング大会の商品

ボウリング大会の優勝賞品であるジャムが届いた。
サンクゼール(St.Cousair)のオールフルーツミニジャムセットだった。
画像を載っけようとしたら、大きさが変えられなかったので諦めた。
種類としてはブルーベリー、ラズベリー、アプリコット、いちじく、ゆず、ストロベリーの6種類で1つあたり30gと少ない。
砂糖は使わず、果汁で甘味づけしている。
例えばストロベリーの原材料名見てみると、濃縮ブドウ果汁、いちご、濃縮レモン果汁、ゲル化剤(ペクチン)らしい。
いちごより濃縮ブドウ果汁の方が前にあるのは、この果汁の方が多いのか?

で、気になるお値段をググってみると・・・1450円
2位の商品の肉の方が高いのではないだろうか。

年々商品がしょぼくなっているような気がする。
まあ、去年の2位の手打ちうどんセットよりかはマシでしょうが。
とりあえず当分は久々に食パン生活をしよう。
posted by 士季 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする