2016年12月04日

LINEを開かないと通知が表示されない

スマホでAndoroidのソフトウェアを更新したせいなのか、そのときからLINEだけなぜかバナーに通知がでないような状態になっていた。
おかげで友人や同僚からのメッセージに気づかずになっていたこともしばしばあった。
が、適当に設定を変えまくっていたら、やっとバナーにも通知が表示され、ポップアップで出てくるようにもなった。

確認観点は後述しますが、ぶっちゃけていうと、LINEの機能を全部有効にすることです。
私の場合は基本マナーモードでしか使用しないため、LINEの設定で通知音というかサウンドをオフにしてましたが、これを有効にすることで、なぜか通知するされるようになりました。
関係ない機能でとりあえずオンにすることが重要なようです。
今まではサウンドオフでも行けていたはずですが。。。。

さて、確認するポイントですが、大きく分けて、スマホの設定とLINEの設定です。
■スマホの設定
設定>通知パネルとステータスバー>通知センター>LINE
全部ONにしましょう。

■LINEの通知設定
使用しなくてもサウンドやバイブレーション、LEDなんでも全部ONにしましょう。

これをやってもNGな場合は、通知をON→OFF→ONと試したり、再起動してみてください。
他には省電力モード?かなんかだったり、節電系アプリなど他のアプリが邪魔していないかどうかを確認してください。
ご参考までに。


posted by 士季 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

無線LANが常々遅いと思ったら

InSSIDer.png無線LANがときどき遅いなあと思ったら、他の電波との干渉を疑っていいかもしれません。
無線LANの規格はIEEE802.11で、その後にb,g,a,n,acといったものが付きます(IEEE802.11aとかIEEE802.11bなど)。
その違いは通信速度だったり、暗号化の仕組みとかの違いだったりします。
通信速度は上の順番で早くなります(b=11M,g=a=54M,n=300M,ac=6.9G)。
が、そんな中でも気にするべきことは使用している周波数で2.4GHz帯と5GHz帯の2種類がある。

それぞれの違いは
5GHz:障害物に弱い
2.4GHz:障害物に強い、電子レンジやBluetooth等でも2.4GHz帯を使用
です。

ということで、無線LANルータと置いている場所が近いなら、電波干渉が少ない5GHz帯のものを、階が違うなら障害物に強い2.4GHz帯が望ましいと思います。
で、だいたい最近の無線LANルータなら2.4GHz帯のものと5Ghz帯の電波の両方を出してます。
私の現在使用しているルータはIEEE802.11nを使用しており、ネットワーク名(正確にはSSID)の末尾がGのものとACのものがあります。
ちなみにどんな無線LANが飛んできているかは、タスクバーにある棒グラフみたいなのをクリックすれば、何個か見れます。
そしてどれかを選んで右クリックで状態を見れば、速度が見えるのでだいたいどの規格を使用しているかわかります。
例えば、速度が300Mbpsになっているなら、これはIEEE802.11nになります。
但し、これだとどの周波数を使っているかわかりません。
特に最近(そんな最近でもないですが)のIEEE802.11nやacは2.4GHzにも5GHzにも対応しているのでやっかいです。
多分私の無線LANと同様なのかどうかはわかりませんが、私の場合はネットワーク名の末尾がACのものが5GHz帯、Gのものが2.4GHz帯でした(IEEE802.11gは2.4GHz帯のものなので名前から分かる人はわかります)。
調べるには無線LANの設定を見ればわかりますが、フリーウェアのツールとしてinSSIDerというものを利用すると確認することができます(画像)。
下のグラフを見ればわかりますが、左手側が2.4GHz、右手側が5GHzになります。
一見して分かる通り、2.4GHz帯はいっぱい電波があって他の電波と重なっていたりますが、5GHz帯は1つしかありません。
2.4GHz帯にいっぱいあるのは他の階から飛んできている無線LANだと思われます(電波弱いし)。
そのため、5Ghz帯を使用できれば他に干渉されることがないため、遅くなることはありません。
インターネット側が遅ければどうしようもありませんが。
続きを読む
posted by 士季 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

自炊生活 2

自炊生活2日目で、とりあえず文庫本、単行本、漫画を電子化してみたので、その所感等を書こうと思います。

何気に80冊くらいやりました。

■作業時間

400ページ(200枚)くらいでだいたい5分程度です。

裁断は80ページごとにだいたい5分割してます。

スキャン中に次の本の裁断をしながら平行でやってだいたい5分です。

但し、裁断が甘くページ間がきっちり切られておらず、つながっているとスキャナでつまり、ついでに折り曲がります。

その際JPGで保存していたら別かもしれないですが、pdfで1冊1ファイルでやっているとやり直しになるので結構時間を食います。

■作業負荷

裁断する時に結構肩に力が入ります(若干筋肉痛気味)。

体勢にもよりますが、座った状態でかんなを引くようにスライドさせて裁断するので、肩で引っ張る感じになるためだと思われます。

■ファイルサイズ(pdf)

活字本の場合はだいたい300ページで12MB程度なので、100ページあたり4MB程度になります。

当然解像度やカラーモードによります。

私は活字本の場合は解像度とカラーはともに自動にしてます。

ちなみに文庫本でも単行本でもだいたい同じサイズになります。

そのため、古本だとページが黄ばんでいて、その黄ばみが色と判断されるため、古本の場合は300ページで60MB程度になってます(5倍か)。

漫画の場合は200ページで90MB程度になってます。

漫画での解像度はカラー300dpi、白黒600dpi相当のスーパーファインモードにしてます。

古本というか紙の材質によってるかもしれませんが、400ページで240MB程度になってます。

ちなみにPDFの圧縮をすることもできます。

Adobe Acrobatやフリーソフト、WEBサービス等で出来て、フリーソフトでやってみたら微妙でしたが、WEBサービスのSmallPDFを使用してみると、ファイルのアップロードに時間が多少かかりますが、先の240MBが60MB程度になりました。

解像度が落ちているんですが、タブレット等の端末で見る分にはあまり影響はないと思われます。

なので私としては保存するときはフルサイズにして、タブレット等に入れる場合は圧縮しようかと思ってます。

■漫画の裁断

漫画は普通に数mm切ってもくっついていることがあります(特に最初と最後)。

かといって深めに切るとコマまで切ってしまうし、漫画の場合結構ギリギリまで書かれていることもあるので、切り加減が難しいところです。

どうするかは割り切りだなと思いました。

失敗して少々くしゃくしゃにしてもスキャン時には少し引き伸ばされるので言うほど気になりません。

お気に入りの本を書籍かするときには浅く切って、それから1ページずつくっついてないか確認する方向かなと思ってます(全部やると時間がかかってしょうがないし)。

■単行本の裁断

ハードカバー部分はカッターナイフで簡単に取れますが、意外と背側?がしっかりしていて、ゴムっぽい感じのもので覆われている感じがします。

そのままでも裁断できますが、意外とこいつが裁断を甘くしているのかでやはり紙同士がくっついた状態になってしまうことがありました。

この背側のゴムっぽいのを引きちぎろうとしてもなかなかうまく取れません(上下の少しくらい)。

表カバーをスキャンする時折目以降の部分は切るとしても、そのまま全部を一気にスキャンすることが出来ませんでした(スキャナの横幅的に)。

なので表面と裏面を切断してスキャンしました(帯も同様)。

■文庫本の裁断

今のところ失敗することが全くありません。

■ゴミの量

80冊程度で16000枚程度の紙の量で、だいたいゴミ袋2袋分程度になってます。

■自炊するか代行業者に依頼するか

お金が導入費用を除けばかからない自炊は良いように見えますが、時間が取られます。

最速でやっても1冊5分で、仮に100冊やると500分で8時間20分かかります。

ついでに上記で書いたように力もいるので疲れます。

代行業者に頼むと1冊を仮に150円で見積もると、15,000円になります。

ちなみに文庫本300ページで150円で以降は+100ページで50円とか単行本は200円とかが普通で、むしろ安い方です。

1時間2000円程度ですが、お金を取るか、時間を取るかによります。

お金がある人は時間の方が大事なので代行業者に頼む方がいいと思います(私もどちらかというとこっち)が、今のところ試行錯誤しながら楽しんでやんでるので特に問題ありません。

今は本が溜まりに溜まっているので大分時間もかかりますが、対象のものをスキャンし終われば、今後は読んだ後に月1回とかで何冊かやる程度になるのでそれほど手間にもならないと思われます。

自炊するかどうか悩んでいる人がいれば、ご参考までに。

posted by 士季 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

自炊生活始めました(電子書籍)

1

自炊といっても持ってる本を電子書籍化することです。

基本的に本は毎年少なくとも50冊くらいは買っているので、年々置くスペースがなくなってきてます。

今までは本を代行業者に頼んでやってもらっていたのですが、だんだん値段が上がってきて、値段的にこれはきついなと思い、思い切って自炊することにしました。

必要なのはスキャナーと裁断機。

スキャナーは今のところ一番人気の富士通のScanSnap iX500A、裁断機は比較的軽くてスペースも狭くて済むCARLのディスクカッターDC-210Nです。

2

トータルで55,000円程度(スキャナ45000、裁断機10000)くらいでした。

見ればわかると思いますが、画像の左がスキャナ、右が裁断機です。

スキャナだからそこそこでかいのかなと思っていたら、意外と小さくA4を横幅はA4用紙の長辺くらいですし、重さもそんなに重くない。

スキャナを起動して、開いてみると左の画像のような感じです。

スキャンボタンが青く光るのがいいですね。

さて、まずは本の裁断です。

裁断方法はまずカバーは外します。

カバーは表面と裏面のみカラーでスキャナーで取り込んでます。

作者の経歴とかコメントが書かれている折り目以降の部分は捨ててます。

本体の表紙はちょっと強めに剥がせば簡単に剥がせるので躊躇なく向いていきます。

そして、この裁断機は裁断できる枚数が40枚程度なので、40枚程度単位で分割します(50枚だと入りはしますが、一気に裁断できなかった)。

この分割する際に力づくで引きちぎることも可能だと思いますが、汚くなる可能性があるのでカッターで切れ目を入れて、簡単に引きちぎれるようにします。

で、この裁断機に挟んで、スライダーを下に押しながら(ちょっと力入れたほうが良い)スライドさせると綺麗に切れます。

裁断したときはスッと切れて、結構快感です。

裁断してみると左の図のような感じになります。

3

上のお箸のようになっているのは切れ端です。

そしてスキャナで一気に読み取れる枚数も50枚程度なので、切った束単位でスキャナに取り込みます。

このスキャナであるScanSnapの特徴はスキャナのスピードが非常に早いこと。

両面でも1枚入ったら、そのまま出てくる感じのスピードでスキャンしていきます。

今回の本は比較的薄い300ページ程度ですが、何やらかんやらしながらでも5分もあれば、スキャンし終わります。

2冊めやった時の時間は裁断からスキャンまで10分弱程度ですが、もっとなれたら早いかなあと思います。

今、私の家は本だらけですが、これでちょっとは片付くかなあと思います。

posted by 士季 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

プロバイダを変えました

うちの建屋にケーブルテレビ(iTSCOM)を導入することになったので、そのまんまインターネットの方も同じところに変えました。

速度は100Mbpsから30Mbpsに落ちますが、まあそんなに使わないから大差はない。

ついでに今までなかった固定電話もついての値段で数百円安くなった。

電話の相手もケーブルテレビの固定電話だと通話料は無料になるので、関西のJ:COMとかとだと無料で通話できる。

で、今月始めに変えたのはいいのだが、今週頭の方はやたらインターネットのスピードが遅かった。

Yahooのトップページがなかなか開けなかったり、ググっても検索結果が表示されなかったり、読み込み失敗したりする。

BNRのスピードテストをやってみると、最大で2Mbpsとかなんで実質は1/10くらいのせいぜい200kbpsも出てなかったのではないかと思われる。

変えたらこれかよと思って、プロバイダの受付に電話したものの水曜日くらいまで通じなかった。

で、問い合わせてみたところ、モデムの再起動をしてみてくださいとのこと(10秒位は電源切ったまま)。

言われたとおりにやってみると、速度が復活。

モデムが熱をもったためにパフォーマンスが落ちた模様です。

家庭用のモデムとかルータは安物で小さくてファンもないので熱を持ちやすく、パフォーマンスが落ちやすい。

企業で導入するようなルータは安くて10万、高いので1000万くらいしますがファンも複数つけてあり(その分うるさい)、そもそもマシン室自体の空調管理もしているので、あまりパフォーマンスが落ちることもないので、すこんと忘れてました。

とりあえずネットにつながらない、遅いという現象が起きたら、ルータやモデムを再起動するようにしましょう。

posted by 士季 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする