2017年03月04日

CCNP更新

ネットワークベンダーCiscoの資格であるCCNPの期限が今月末で切れるので、更新するために受験してきました。
Ciscoの資格でメインとなるRouting&Switchでは、CCNA→CCNP→CCIEという段階があります。
通常なら上位の資格であるCCIEに挑むべきところですが、難易度が高すぎるので諦めてます。
大学で例えるなら、CCNPは偏差値50程度の大学に合格するレベルですが、CCIEはMITやらハーバード大学を卒業できるようなもんです。
※外国の大学は入学は比較的簡単で、卒業が難しいという噂なのでこう書きました。
CCIEは技術的にも最高難度の上、英語なのでこんなもんだと思います。
そしてベンダの資格はだいたい有効期限があり、CCNAとCCNPは3年、CCIEは2年です。
試験はいつでも受けれますが、CCNPは受験料が4万円弱と高いので、そう何度も受けてられない。
ちなみにCCIEは受験やらなんやらで200万円程度かかるとのこと。

さて、CCNPはROUTE,SWITCH,TSHOOTからなりますが、その1つでも受かれば更新となります。
そのため、比較的知識もいらないTSHOOTを受験しました。
3年前受けたときはping-tというサイトで勉強して簡単に受かったので、今回も同様にしました。
結果は以下です。

科目:Troubleshooting and Maintaining Cisco IP Networks

合格点:846点(満点1000点)

私の得点:1000点

結果:合格

内訳

Network Principles:100%

Layer 2 Technologies:100%

Layer 3 Technologies:100%

VPN Technologies:100%
infrastructure Security:100%
Infrastructure Services:100%

まさかの満点合格でした。
正直難易度的には前回より難しかった。
このTshootというのはトラブルシューティングのことで、通信ができない等の問題が合った際にどこが問題なのか、問題の原因は、修正方法はが問われる試験です。
ping-tというサイトの問題が全部できれば特に問題はありませんが、それとは違い設問の内容がややこしく書かれていて、混乱した。
前回は1時間もかからない程度でしたが、今回は1時間半くらいかかりました(試験時間は140分)。
ひっかけかなあと怪しめる問題もあったし、なかなかややこしかった。

試験内容をping-tの問題と比較してみると、
・トラブルチケットの問題は全くping-tと同じ(IPアドレスは同じだし、コンフィグの中身は微妙に違うけど、無視していいレベル)。
・3年前は他のトラブルチケットのコンフィグを参照できたけど、できないようになっている。
・シナリオ問題がややこしく、ping-tとは異なる問題なので要注意(STPとOSPFでした)。
・よくあったメンテナンスの問題は今回なかった。


とりあえず合格できてよかったですが。
次の更新のときには別の科目(WirelessとかSecurityなど)とかで受かりたいものです。
比較的マニアックなので参考書等が一切ありませんが。。。
posted by 士季 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

プレミアムフライデー

今日は最初のプレミアムフライデーですね。
毎月最終週の金曜日は午後3時に退勤するよう呼びかけ、個人消費を促す取り組み「プレミアムフライデー」。
一応我が社もそれに応じるようでその取組として、社内HPに以下の掲載がありました。

・プレミアムフライデーは半休・年次休暇の取得を推奨
・フレックス勤務の社員は定時前の帰宅を推奨

以上
当たり前っちゃ当たり前ですが、推奨止まりで一部の暇な人しか使用しないというオチ。
そもそも半休は1年あたり6回とか回数決まってる(少なくともウチの会社は)ので当然ながら毎月取れない。
私はフレックス勤務なので仕事さえなければ悠々と帰れましたが、仮にこの日早く帰った分違う日は残業しなきゃ行けないのであんまり意味ないですよねえ。
あとうちの会社はそんなことないですが、月末が忙しい企業が多いだろうから、そもそも休めないのではないかと思われる。
制度上がっちり組み込まないと社員は仕事優先だから全く意味のない制度ですね。
創立記念日や年末のようにタイムカード的に早く帰って良い日にしたら、社員も積極的に早く帰ろうとはすると思うのだが。
まあ、狙い通りに消費にはつながるとは限りませんが、比較的若いものたちなら「このまま遊びに行くか」とということで、同期とかで遊びに行って、遊んだ後に飲みに行くかという流れで普段と違った流れになり消費につながる可能性も0ではないかなあと思ったりもした。

posted by 士季 at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

始発で出勤して終電で帰宅

昨日は朝始発(仕事先近隣のホテルで宿泊)して、終電で帰宅しました。
勤務時間は朝5:30~夜23:00
仕事内容は何も問題なければ発生しなければ何もなし!
今まで発生しなかったので、今回もないだろうと思ってましたが、やはり何もなかった。
ということでひたすら本読んでました。
さすがに何冊も本を持っていくのは重いので、最近はスマホで電子書籍が読めるのでいいですね。
好きなことやってお金もらえるのは嬉しいところでしたが、ただ問題だったのは待機場所がだだっ広い食堂でエアコンつけてない状態だったので、やたらと寒かった。
コートでも着とけばよかったけど、コートはロッカーにしまっていたので、取りにもいきにくい(隔離されてるので)。
本読んでるか、スマホで軽くゲームするか(といってもノノグラムですが)、寝るかしかしてない。
ただ、やはりなにもしないのは結構疲れました(食堂の固い椅子だったということもありましたが)。
たまにあるおいしい仕事だからいいですが・・・
仕事が終わり、終電で帰ろうとしたら、どこかのバカが遮断器降りてるところに線路内に入り込んだとかで電車を止めやがりました。
次の電車の終電に間に合わなかったらどうすんだと思いつつも、まあなんとかギリギリ間に合ったので良かった。
ついでに隣に座っているカップルが非常に鬱陶しかった(正確には男の猫なで声というか非常に気持ち悪い口調だった)。
最近イライラしやすいような気がするけど、またストレス溜まってきたかなあ。
若干寝不足気味なのかもしれないが。
posted by 士季 at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

残業より睡眠不足が辛い

前前記事で書いた通り、先月度の残業は93時間で、そのうち休日出勤が45時間程度。

ボーナスほどは行かないまでも給料は若干楽しみではある。

また電通の事件のこともあったせいか、ブログ記事のアクセスランキングで6年半ほど前に書いた「年間残業700時間越え」がランクインされていた。

今はもうランクインしてませんが、残業とかのキーワードで結構引っかかっていたのかもしれない。

ちなみに今サポートしている先のメンバーは上記の記事を書いた時の私のような状態になってます。

今週も残業は相変わらずで、ついに終電1本前で家に着くのが1時前という始末。

1日だけ本業の方でのんびりして定時帰り。

定時で帰った日はさて寝るかという時間が、通常時のさて帰るかという時間で悲しくなりました。

また定時帰りのありがたみ(というか定時帰りが普通だが)を感じた。

一人暮らしをすると実家のありがたみがわかったり、今まで当たり前だったことがその習慣から離れることで、改めてありがたみがわかるようなことがいろいろあります。

兵法?でいうところの「離」です。

横山三国志で陳倉攻めに苦戦していた孔明に対して姜維が一度離れてみてはとアドバイスして「離」の重要性を説き、神の如き孔明にハッとさせたのが印象的だったのでよく覚えています。

一人旅もそういうところがあるのかもしれないですねえ。

それはさておき、この残業地獄もあと1週間くらいで終わるだろうか。

ちなみに明日も出勤でだいたい10日間ですでに残業時間が45時間くらいになりそう。

あと1週間だと思っていたら、今の工場試験はあと1週間程度で、その後に今回構築したものを客先に納めて、現在運用している機器と交換(移設)する作業があり、なんかそれに巻き込まれそうな雰囲気が漂っている。

そんなところまでは全く聞いてないし、本業の方も同じような移設が始まる。

ただ本業の方は平日で、今のサポートの方は休日だから両方とも一応できる状態にはある。

今サポートで行っているチームのメンバーの技術力が低いので、私の力が必要だと言うのは私も実感しているし、評価されている点でもありがたいっちゃありがたい。

が、そんなことをしたら私がぶっ潰れてしまうので勘弁して欲しいところです。

休日も不規則、仕事も夜間とかあって睡眠も不規則になったら、また以前の病気になりかねない。

正直最近は1ヶ月位前に比べて睡眠時間が3時間ぐらい減ってるから結構きつい。

仕事中、気が張り付いているので大丈夫ですが、本業の方で比較的平和な状態にあったときは気が抜けて眠りに落ちていることがありました。

寝不足はやばい。

ただ身体的には痩せたおかげか結構元気で、風邪もひかないし丈夫なのだが、これが続くとまず精神的にしんどくなりそう。

とりあえず上司には抗議して、釘を差しとこうかと思う。

そもそも今の仕事(本業の方)をやる上での前提条件を違えているので、比較的言いやすい。

以上、愚痴でした。

posted by 士季 at 09:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

残業が多くなってきた

先日、電通の女性社員が過労で自殺して長時間残業に対して厳しい目で見られる中、今月から残業が多くなってきました。

先月まではいうほど残業もなく、約半年で計40時間程度でしたが、それを今月は最初の2週間程で50時間くらいに達してしまった。

うちは20日締めだから9月21日~10月20日だが、この期間は祝日が2日もあるし祝日&土日も出れば余裕で100時間は超える。

私は先週末の休みは休んだのでそこまでは行かないが、想定では90時間程度ですね。

ちなみに最近はどんな生活かというとだいた仕事は9時前~22時過ぎ(休日も同じ)。

ついでに通勤時間が1時間45分なので、往復3時間半。

なんので家を7時杉にでてだいた24時位に帰ってくる生活で、睡眠時間は4~5時間、家で起きてる時間が2時間程度とまあ何もできない生活です。

通勤時間長いので本がたくさん読めるはずなのだが、如何せん眠すぎて座れたら寝落ちしているのであまり読めない。。。

それでも一番しんどかった頃に比べると楽です。

というのも私の今の立場は助っ人なので、責任とかはほとんどない。

だいたいが何かにトラブったり、技術的に面倒なことをやらされ、解決しなきゃいかんというプレッシャーは多少あるものの、なんだかんだで地力が付いているのでなんなく対応できている。

あと、助っ人(入社当時で作業していた部署)なので土日出勤は強制されることはないし、お願いされてもまだ容易に断れます(だいたいはOKしてますが)。

また助っ人ということでたまに本業に戻って休憩してます(本業のほうはだいたい定時で終わるので)。

これだけ働くのも期間限定というのも大きいです。

これがずっと続くのかと思うと、精神的に行かれてしまいそうです。

過労で自殺したのは基本的には疲労と寝不足により精神的に弱っていたところに、プレッシャーをかけられて精神的攻撃を受けていたこと、また責任感が強いと自責の念から自分に攻撃することもまああるでしょう。

残業時間もそうで一因ではあるでしょうが、精神的に余裕がなくなったのが問題ですね。

同僚とワークシェアリングして負荷を減らすなりして余裕が持てればよかったんでしょうが、2年目とかじゃ無理でしょうね。

たぶん私は今の助っ人業が今月で終わりのはずだが、部長が言葉の節々に私を引きずり込もうとしているのが見受けられるのが怖い(他のメンバーからも同様)。

全力で拒否って逃亡する所存です。

posted by 士季 at 15:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする