2017年01月22日

腹筋を割る技術

腹筋を割る技術.jpg筋トレはよくやってましたが、腹筋はあんまり好きじゃありません。
というのも腹筋の形が左右対称ではなく、少しずれていて見栄えが悪いからです(4パックか6パックか8パックかというのも含めて遺伝であり、非対称なのは多少トレーニングで直せるかもしれない)。
ということで積極的には高校時代も含めてやってませんでしたが、腹回りのダイエットのためにも実践してきました。
おかげさまで痩せたおかげで割れているようには多少陰影でわかるレベルにはなってます。
そんな中、左画像のような本を読んだ。
著者はEXILEのHIROやプロスポーツ選手等のトレーナーをしている方です。
内容的には理論9割、トレーニング方法(シットアップ(腹筋)+α)です。
腹筋を割るというかもともと割れているけど、脂肪で包まれているのと筋力不足で見えないだけなので、腹筋が割れているように見せるためには至ってシンプルで以下の2点。

・筋力アップ
・体脂肪率10~13%

そのやり方についてはほぼ今までやってきた内容で合っていた。
が、筋力アップの方で今まで意識してこなかったのは拮抗筋を鍛えることということだ。
拮抗筋というのは筋肉の運動を行う際に反対の運動をする筋肉のこと。
例えば肘を曲げる際には上腕二頭筋が縮むのに対して、その裏側の上腕三頭筋は伸びるといった具合です。
ということで、腹筋に対しては背筋を鍛える必要がある。
腹筋運動をする際には腹筋を縮めて、背筋を伸ばすと言った具合に連動している。
背筋を鍛えてないと腰が痛くなることがあると書かれていたが、実際、今、腰が痛いのでそれが原因かもしれない。。。。
また股関節も鍛えるといいらしい。
これを疎かにしていると肉離れが起きやすいとか書いてあったが、そんな過負荷な運動はさすがにもうしない。
書いてあったトレーニングメニューのうち、以前紹介した(といってもコメントで書いただけか?)3つの腹筋運動についてはこの本の中でも書いていて、それ以外にはその3つの運動をスローでやることと、もう1種類大殿筋や背筋を鍛えれそうなメニューがあったので、それを実践していこうと思います。
posted by 士季 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉体改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

2017年初ボウリング

IMG_20170118_201817.jpg年明け早々土日仕事でしたが、ちょっと余裕が出てきた(今週来週だけだが)ので、今週は平日に休みを取りまくるつもりです。
ということで、まずはボウリングに行ってきました。
10時前というのに全レーン埋まるくらいに混んでいた。
老後の楽しみというか定期的な運動として通っているのだろうか、まあそれなりのご年配の方が一人一レーンという感じで埋まってました。
若者?も私を含め若干名は居ました(挨拶するくらいの知り合いも私の帰り際に来た)。

1ヶ月ぶりくらいなので、今日は控えめに10ゲームしました。
基本的にスペアは比較的よく取れましたが、ストライクが続かないのでスコアがあまり伸びず、微妙な感じでした。
6ゲーム目まででターキー1回、ダブル3回と最近の状況からはひどい出来でした。
が、7ゲーム目にどどって来ました。
ボウリングをやってると流れというか、ゾーン(黒子のバスケで出てきますが、一般的な用語で超集中状態のこと)に入っているのか、調子に乗ってくることがある。
この状態だと失投してもなぜかうまいこと曲がったり、ピンが倒れてくれたりする。
7thストライクが出て、このまま行くと最高の280行くかなあと思ったら、10フレーム1投目で失投ではなかったもののなぜかスプリット。
2本横に並んでいるスプリットで、取れなくもないけどピンのちょうど間を狙わなきゃいけないので、中難易度くらいですが、投げた瞬間ちょっとずれたかなあと思いましたが、ギリギリスプリットメイクできました(ちょうど真ん中ではなく、ちょっと右より)。
隣のおじさんたちも「魅せてくれるねえ」とつぶやく。
そして最後もストライクで締めるという、ある意味いい終わり方。
スコアも258と良い出来。
1ヶ月に一回くらいは240以上叩き出すようになっているので、徐々には上達しているんだろう。
ただ隣の大学生くらいの兄ちゃんは速くて曲がるボールをうまく(フォームが綺麗という意味)投げていたので、ちょっと羨ましい感じでした。
もうちょっとバックスイングが上がれば見栄えもいいのだが。。。。
ということで本日のスコアは以下。
159、154、164、180、190、183、258、116、181、203
スペア44(41%)、ストライク39(36%)、アベレージ178.8
ラスト3ゲームはハウスボール。
今年も社内ボウリング大会あるだろうから、王者奪還を狙うためにもハウスボールの特訓をせねば。
posted by 士季 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

2017福岡 食事編

IMG_20170109_180627.jpg今回の福岡での食事を時系列して無視して書きます。
まずは博多駅の2階に、博多めん街道という麺類の店が集まったコーナーがある。
その中でも人気のある「博多らーめんShin-Shin」という店に行った。
ここは行列が出来ていて、まだ17時位でそこまでお腹が空いていたわけでもなかったので、待つのは全然問題なかった。
で、注文したのが左の画像のスタンダードな餃子セット1000円。
麺の硬さは7段階あり、注文の多いという硬めで注文した。
食べてみると、言うほど固くなく、柔らかく感じたので、もう一段階固いやつでもよかったかもしれない。
ちなみに奥に見えるおひつはご飯ではなく、紅しょうが。
餃子は一口サイズ。
去年来たときは博多ラーメン食べてなかったので、麺類控えている身ですが、行ってきました。
まさに博多ラーメンという豚骨ラーメンでしたが、特別うまいという感じではなく、普通に美味しいものでした。

IMG_20170111_122833.jpg次は博多駅の地下1階にあるお食事どころ「博多一番街」にある「天神ホルモン」という店に行った(上記と同日ではない)。
天神ホルモンも博多名物で、この店は目の前の鉄板上で調理してくれて、調理したものを直接、アルミホイル上においてくれるもの。
注文したのはスタンダードなホルモン定食1280円。
ホルモンの量は200gで、+50gで+300円。
ご飯と味噌汁はおかわり自由。
そのままでも食べれるし、タレ(タレの左側は酸っぱかった)をつけても美味しくいただける。
ご飯が全然足りない感じでしたが、ダイエット中のため控えました。
行列ができることもあるらしいが、私のときは普通に入れました。
IMG_20170110_173331.jpg次で最後ですが、私が宿泊した南福岡駅の近くにある「びっくり亭 本家」という焼肉屋。
これまた別日で、17時くらいに店に行きましたが、すでに結構混んでいた。
博多のB級グルメとして有名な店らしいです。
特製のにんにく味噌(辛め)と絡めて食べます。
画像でわかるかと思いますが、鉄板の下(正確には鉄板を乗せた台の下)に木片を挟んでいます。
傾けることで、下側に油をためて、そこに辛味噌を投入し、ラー油的なものを作って、そこに焼肉を絡ませて食べるスタンスです。
ただ私のものは油が少ないのか、角度が小さすぎたのかあんまり油がたまりませんでしたので、そのまま味噌を絡めて食べました。
結構辛いけど、私的にはちょうどよく、これも美味しいものでした。
若干肉が少なかったかなあ。1.5皿か2皿分頼めばよかった。
今回は食でもなかなか満足しました。
posted by 士季 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017福岡 東長寺

IMG_20170111_114608.jpg
住吉神社を出て、地下鉄線方面に進んで何分か行くと東長寺がある。
地下鉄線の「祇園駅」近辺になります。
あまり聞いたことがないところでしょうが、この東長寺には国内最大級の大きさの木造坐像である福岡大仏と朱色の美しい五重塔がある。
東長寺は空海が日本で最初に創建したお寺です。
また黒田家の第二代、三代、八代の墓もある。
左の画像は本堂ですが、ここに大仏があるわけではない。
この本堂の右手側に社務所?があり、その2階が大仏殿です。
大仏殿に入って、すぐに福岡大仏が鎮座している。
大仏の大きさは16.1m。
奈良の東大寺の大仏の大きさで約15mなので、それより1m近くでかい。
木造なので、木目があるし、頭の螺髪(ぐるぐる巻いた突起のようなやつ)は紺色で目立ち、非常にインパクトがある。
これは結構見る価値がある。
写真撮影禁止のため画像はない。
その隣の部屋には大仏様の製造過程の写真が貼られていて、首がびよーんと長くて、それを胴体に挿しているところはなかなか不気味です。
また大仏様の下は地獄極楽めぐりが設置されていて、そこに入ると地獄絵図のレリーフがあり、さらに進むと真っ暗な通路がある。
2組のカップル?らしきグループがいて、女性陣が真っ暗で怖いとか言って、前で立ち往生して道を塞いでいて非常に邪魔でした。
IMG_20170111_114802.jpgそれを無視して通路を進むと、それに乗じて入った様子です。
本当に真っ暗で何も見えませんが、人一人通れるくらいの幅で左手側に手すりが、右手側が壁なので、両方に手をついて進むと問題なく勧めます(グネグネ曲がっているので、手すり掴まないと壁にぶつかる)。
それを出た先にはお釈迦様のレリーフがあります。
さて、次に本堂の右手側には左の画像のような朱色の五重塔があります。
平成23年に竣工されたので、まだまだ新しい。
5階には空海が持ち帰ったという仏舎利が納められている。
朱色が映えてきれいなもんでした。
人はあまり居なかった。
この五重塔の脇の道を少し行くと墓所がある。
上に書いた黒田家二代藩主の忠行公の墓は名前付きで書かれていたが、他の藩主の墓は名前がないので一見わからない(大きさが違うので一応それかなというのはありましたが)。
本堂の正面には六角堂があったが、そちらには行かなかった。
博多駅からも近いし、博多に行った際には立ち寄っているといいでしょう。
posted by 士季 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017福岡 住吉神社

IMG_20170111_112413.jpg続いて、住吉神社に行ってきました。
住吉神社は博多駅を博多口より出て10分程度歩いたところにあります。
住吉神社は筑前国の一宮(一の宮はその国で最も社格の高いとされる神社のこと)。

住吉神社は全国2000社あり、その総本社は大坂にありますが、福岡の住吉神社が始原であるという説があるとのこと。
現在の本殿は黒田長政(黒田官兵衛の子)による造営で、「住吉造」という建築様式で国の重要文化財です。
筥崎宮もそうですが、こちらも結構人が居た。
本殿の前に神門という門があり、そこにおみくじスペースがあり、普通のおみくじやら恋みくじなるものがあった。
とりあえず普通のおみくじを引いてみると珍しく「大吉」でした。
初詣で近所の神社に行ったときは小吉でしたが。。。。
またこの本殿の脇には古代力士像がある(下の画像)。
力士像というより、顔面はギリシア神話に出来きそうなゼウス様のような髭面です。IMG_20170111_112115.jpg

なんでも昔、新横綱は横綱の免許取得に際し、熊本の吉田司家に行った帰路に必ず住吉神社に参拝したとか。
神社内に相撲場があり、少年相撲大会とかが行われているんだろうと思われる。
あんまり調べずに行ったので、ちょこっとしか見ませんでした。
posted by 士季 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする