2016年01月31日

MISSINGPARTS

Missing_parts

推理ゲームがやりたくなって、ちょっと古いですがPSPの「MISSINGPARTS -the TANTEI stories」のcomplete版を購入してプレイしました。

全6話でもともとはDream Castで3本だてで、その後PS2にA,Bと2本立て、そしてPSPで1本にまとめられたものです。

Dream Castという微妙な機種で出たせいなのかはあれですが売上が1万本も行ってないのはちょいと残念。

推理ゲームとしては逆転裁判とダンガンロンパはダントツで有名ですが、その他はぱっとしない(というか知らない)ので、なんとも言えないですがこのMISSINGPARTSは十分面白い作品です。

あらすじとしては、主人公真神恭介は鳴海探偵事務所で唯一の探偵(それも新米)で、あるアンディークがきっかけで名門木原家で起こる連続殺人事件に巻き込まれて、事件を解決するというものです。

もともと鳴海探偵事務所に恭介が母親の形見を探してもらおうと行ったものの、その探偵事務所の所長たる探偵が行方不明でその娘(探偵業はド素人)が所長代理を務めているところだったので、そのまんま探偵となっちゃったという話です。

各話はそれぞれ独立はしているものの、多少関連はしていて、母親の形見の件も含めて最終話に繋がるので、連続してやった方が楽しめます。

またちゃんと各話(5話までだが)に別個にヒロイン準備しているのはお約束です。

基本的に町中をさまよって情報収集するところがありますが、ここでうまくいかなくてもだいたいはストーリーとしては進められますが、最終的な評価は落ちますし、それにより結果が変わることもしばしばあります。

難易度はそこまで高くはないものの、情報収集で見落としてしまうことはしばしばあるのでランクAは情報収集時は繰り返しやらないと難しいかも。

さらに最終6話は細かいこと(ネタバレ的には日付)を覚えてないと失敗するのでちょっときつい。

探偵パートもさることながら、ワトソン的な役割の元チンピラの白石徹平らとのやりとりも十分に楽しめる作品でした。

推理ゲームとしては断然おすすめできる作品です。

posted by 士季 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

ローダウン

久々にボウリングのことを書きます。

ローダウンというのはボウリングの投げ方の1つで、この投法で最近は練習してます。

通常の投げ方は、まずボールを持って手首は軽く外側曲げてぶら~んとボールをぶら下げた状態から、肘を伸ばしたままバックスイングして、重力を利用して肩を支点とした円運動による遠心力を利用して投げます。

それに対して、ローダウンでは逆に手首を内側に曲げた状態(カップリストと言います)で、かつ肘を軽く曲げた状態でバックスイングします。

肘を曲げた状態なので遠心力はあまり使えませんが、重力落下を利用しつつ、手で前にボールを押すようなイメージで前に進みます。

そして投げる直前で肘を伸ばし、その反動を利用して手首をダラーンと外側に曲げ(ブロークンリストと言い、その際に親指は抜けます)て投げます。

この手首の内側から外側に変化している間手のひら上でボールは回転するので、通常の投げ方より回転がかかります。

実際にこの投法でうまいこと?投げてみるとゴロゴロ転がるように回転がかかってボールが進んでいきます。

うまく投げることができれば、スピードが出た状態でそこそこ鋭く曲がります。

この投げ方に慣れるまで結構時間がかかります。

未だに安定して投げれませんが、ちょっとコツを掴みつつあります。

いろいろ試行錯誤しながら投げれるところは面白いところです。

とりあえず、今日投げてみましたが、スプリットの多いこと。

ストライクやスペアを出した後に尽くスプリットに遮られることもしばしばありました(1ゲーム中4回でて、それ以外はストライクかスペア)。

1回だけちょっと難し目のスプリットが取れたのでちょっと満足です。

後半はちょっと安定して投げれましたが、それでも曲がり方が安定してないのでストライクが続かずスコアが伸びなかったのが残念でした。

調子上がってきたところで追い出されましたorz

10ゲームしかできずもっと練習したかった。

ちなみに今ラウンドワンでは10時前に開始すると投げ放題が1200円と安めです。

ということで、本日のスコアは以下の通り。

149、147、146、175、168、150、193、192、191、171

スペア50(46%)、ストライク27(25%)、アベレージ168.2

posted by 士季 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月24日

プランク

Plank

プランクと聞くと、物理屋さんとしては量子論の父と呼ばれるマックス・プランクを思い浮かべます。

が、今回のは筋トレ方法の一種のプランクについてご紹介します。

腹筋の代わりにやるといいトレーニングです。

ちなみにプランクは英語で板という意味のplankです。

boardより分厚い板を言うみたいです。

筋トレ方法は画像の通り、腕立ての姿勢から肘を着いた状態を維持するだけ。

ただし背筋はピンとまっすぐにする必要があります。

見た目的には簡単というか楽そうに見えますが、結構きついです。

数十秒経つと初めての人はたぶんお腹とかがプルプルしてきます。

腰を落としたり、浮かせたりしたくなりますが、我慢しましょう。

1分できれば十分です。

30秒~1分を3回~5回すると良いでしょう(休憩時間も短い方がよいかな)。

主に腹筋ですが、このトレーニングで体幹が鍛えられるようです。

またこれとは逆に仰向けで同じように肘ついた状態でやると背筋が鍛えられそうです。

他の種類として横向きでやれば横腹が鍛えられますし、片足を上げるとより負荷をかけることができたり、逆に負荷を下げる方法として膝を着いてやる(その場合はかかとは浮かせますが)などバリエーションに富んだ筋トレ方法です。

posted by 士季 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉体改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

高山右近「福者」認定

今日のニュースで戦国時代の大名である高山右近がキリスト教での最高の崇敬対象となる「聖人」に次ぐ「福者」に認定したというのがあった。

高山右近は織田信長や豊臣秀吉に仕えていて、高槻城の城主やら天正13年(1585年)には明石で6万石の大名となる。

が、秀吉が九州征伐後に九州でのキリシタンの実情を見てバテレン追放令が施行された。

その中で一番のキリシタン大名として有名だった高山右近がターゲットにされて、「棄教するか地位を捨てるか選べ」と脅され、皆に棄教しろと助言されるも6万石の地位を捨てることを決意。

その後は小西行長により小豆島とかに匿われたが、最終的には前田利家一族に庇護されて、なんだかんだで1万5千石を受けて暮らしたそうだ。

が、1614年に徳川家康によりまたもやキリシタン国外追放令が施行された結果、マニラに行って翌年亡くなったとのこと。

没後400年で筋目の年ということで日本のカトリック教会が右近を殉教者として福者に認定するようバチカンに働き掛けて、それが認められたみたいです。

6万石の大名の地位より自身の信仰を選んだため賞賛されることもあるようですが、自分のわがままを選んだ結果、家臣とその一族を路頭に迷わせるという将というか上に立つ人間としての責任を放棄しているのは最低だと思う。

そして自分は知り合いの大名に匿われたり、高禄で招かれたりと自分だけはなんだかんだで助かっているんだからとんでもないやつだと個人的には思います。

まあ、塩野七生「ローマ人の物語」を読んで以来、私は大のキリスト教嫌いなのでキツメの評価ではありますが。

ちなみにキリシタン大名は結構いて、有名ドコロでは黒田官兵衛(シメオン)もそうです。

有名ドコロを上げていくと、

明石掃部、有馬晴信、一条兼定、大友宗麟、大村純忠、蒲生氏郷、京極高次、黒田長政、小西行長、内藤如安、松浦隆信

などなど。思っていたよりかは少ない。

変わったところで、父親の筒井順慶は洞ヶ峠で有名で僧だけど息子の筒井定次はキリシタンだったりしますし、清須会議で織田の後継者に認定された三法師こと織田秀信もキリシタンのようです。

posted by 士季 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史モノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

ご飯にかけるギョーザポテトチップスなど

Photo

出張で宇都宮に来てますが、宇都宮のコンビニで変わった栃木名物(お菓子)が売っていたので2つ紹介します。

ちなみに私は買ってません(炭水化物多いし・・・)

まず一つは画像のように「ご飯にかけるギョーザポテトチップス」です。

コンビニの棚に山のように積んでました。

名前にギョーザとあるが、感想とかを読んでる限りではギョウザの味は皆無らしい。

ネタ的には一度食べたいところではあるが、ダイエット中につき断念した。

そしてもう一つは「炭酸まんじゅう」で、やはり食べてません。

北関東の郷土料理としてあるみたいです。

生地に重曹が含んでいるそうな。

コンビニにこういうその土地ならではのお菓子が売っているのはいいですね。

大阪や東京にはそんなんないので新鮮でした。

posted by 士季 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする