2014年02月23日

貂蝉

_

今、青空文庫で吉川英治の三国志(2巻目)を読んでいるのですが、貂蝉が死んだので、貂蝉ことについて少し語ろうかなと思う。

貂蝉といえば、中国四大美女の一人(他は楊貴妃、西施、王昭君)で三国志の中ではNo1の美女ではあるが、架空の人物。

ちなみに左の画像は、三國無双7の貂蝉。

王允の義理の娘で、その頃の天下人とも言える魔王、董卓を殺すための刺客?として登場する。

貂蝉直々に殺すわけではなく、その美貌を持って董卓とその配下で三国最強の武将、呂布とを仲違いさせて、呂布に董卓を殺させようとする(美女連環の計)。

まあ、それだけの役ではある。

架空の人物ではあるが、一応モデルになった人物はいる。

正史でも呂布が董卓を殺すのだが、その動機は呂布が董卓の侍女と密通し、それがバレそうになったから。

そのときに相談したのが王允だったので、こういう設定になっている。

また、上記の役柄だけなので、その後は作者の手腕しだいになっている。

原作とも言える三国志演義では、董卓死後も呂布の妾(正妻ではない)として呂布の死ぬ下邳城まで付き従っている(呂布の死後はどうなったかは書かれていない)。

中国の三国志演義を扱った雑劇では、関羽の妻になっていたりすることもある。

そのシチュエーションを使った日本のものとしては、陳舜臣「秘本三国志」とか三好徹「興亡三国志」とかがある。

秘本三国志では、呂布の死後に関羽が曹操に秦宜禄の妻をくれと言ったら、了承しつつ曹操がその秦宜禄の妻を見ると美人だったので自分の物にしたという史実をもとに、それをスケープゴートにしてこっそり貂蝉を奪うという巧みな演出をしている。

ちなみに曹操はどこぞの家康と同様に人妻(というか後妻)が大好きな人物である。

だが、多くの日本が描くものは、董卓死後で貂蝉が自害するのが大半(だと思う)。

どこかの本で、使命を成し遂げた後にもうこの世に未練はないということで死を選ぶという日本人ならではの美学によるものだと読んだ記憶がある。

今回、読んだ吉川英治のものだと、董卓暗殺後に呂布が貂蝉を攫いに行き、呂布の城に連れさられた後、自害している。

その後、遺書みたいな詩をしたためており、その詩により呂布は真相を知り、ブチ切れて貂蝉の死体を井戸に投げ捨てるようなことをしている。

死んだ後に呂布に愛されたくないということなのかなと思う。

横山光輝のものでは、確か董卓暗殺後に呂布を攫いに行ったら、もう自殺していたような気がする。

また別の展開として私はあまり好きじゃない(というか全く面白くないけど、オリジナリティがあったり、マイナーな人物を書いてくれるのでついつい読んでしまう)塚本靑史の「仲達」(だったか「曹操」だったか)では、華佗の弟子になって医者の助手(看護婦とか薬剤師的な扱い)になっているものもある。

これは民間伝承で、貂蝉は実は不細工で、王允が華佗にどうにかしてくれということで、西施の首と取り替えたというのを元にしたものだと思われる。

上記の本のメインはどちらかというと貂蝉の娘が徐庶と一緒になって、暗躍するお話でもある。

という風に三国一の美女ということで、いろいろと創作されていて面白い限りです。

読む気はあまりないけど、貂蝉を主人公とした小説もある。

Photo

ちなみに昨今、三国志とか日本の戦国時代の武将の美少女化が盛んになされている変な時代ですが(大好きですけどね)、貂蝉は逆に男性化されている。

左の画像の右側が貂蝉(左側が卑弥呼・・・)。

キモいけど、好きなキャラではある。

ちなみに貂蝉とは、漢書かなんかで見たのですが、貂(てん)というイタチのような動物の皮?と蝉の羽で作った冠の名前である。

たぶんこれから来てるんじゃないかと思われる。

posted by 士季 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

麒麟の翼

Photo

先週の雪が横浜で若干残っており、仕事の客先の東京の西側ではまだ結構残っていた。

今週の水曜日頃にまた大雪かもと今週頭にはニュースでやっていたこともあったのか、火曜にスーパーではいろいろと若干品薄になっていたこともありました。

それはさておき、麒麟の翼の文庫本がやっと出たので、1日で読みました。

以前、日本橋~麒麟の翼にて、麒麟の翼の映画を見た後に、日本橋の麒麟像を見に行ったことを書いた。

ついでにこの前正月に帰省したときにも見た。

映像化されてから、文庫本になるまでの時間が長すぎるというのはある。

同じ東野圭吾の作品のガリレオシリーズの真夏の方程式は映画と文庫本化がほぼ同時期だった。

それはさておき映画で内容を知っていたので、面白みは半減するだろうなあと思っていたら、まあそんなことはなかった。

大筋は当然ながら変わりませんが、いろいろと細かいところでマイナーチェンジされている。

例えば、

・中原香織は恋人に妊娠していることを告げていた

・防犯カメラの撮ってる場所

・青柳父は事件の真相を聞き出していた

など

松宮と加賀という男二人がファミレスでせっせと折り鶴を折って、店員が不審そうな顔で見ている姿は映像で見たかった。

本を読んだ限りでは、少なくとも中学の水泳部顧問は劇団ひとりというイメージではない。

もっといかつい熱血漢に思える。

内容は知っているとはいえ、面白いものでした。

読書メーターでの感想を見ていると、日本橋の麒麟像を見に行きたいと書いている人が多い。

映画見た後に見に行った私がおかしいわけではなかったので、よかった。

2014年02月09日

近年稀に見る大雪

昨日は、南関東では稀に見る大雪でした。

といっても基本的に引きこもっていたので、どの程度かはよく知らなかったりする。

で、本日朝外を見てみるとかなり積もっている。

生を受けて三十数年経ちますが、あまり雪が降らないところにいたこともあり、あまり雪が積もることを経験していないのだが、その中で1,2を争うぐらいには積もっている。

河川敷では、雪だるまや小さいながらかまくらを作ってあったりもした。

こんな日だし、明後日休みだし、ボウリングは明後日でいいかなと思っていたけど、みんなそんなこと行って行かないから今日は空いているかなと思って行ってきた。

さすがに車は無理だから歩いて行った(歩いて30分くらいのところにある)。

11時位に家を出て、一歩目で滑って転けそうになりつつ、滑りそうな通路と階段をなんとか通って、道に出て歩いていると、そこそこのスピードで車が通って雪を弾き飛ばした結果、ズボンにひかかった。

これだから雪の日には行きたくないところです。

道も雪で積もっているせいで通るところがあまりない。

まあ、それでもいつもと同じくらいの30分くらいで到着。

で、ボウリング場に行ってみると、結構人がいた(32レーン中、20レーンくらい埋まってた)。

そして11時半から3時間位投げていると、混んできたので追い出された。

思っていたより混んでいたのでびっくりした。

今日は比較的暖かったので、雪も結構溶けて、車で移動する人が増えたのかなあ。

まあ12ゲームできたからよしとしよう。

ちなみにアベレージは155くらい。

相変わらずスペアとるのが下手くそなのをどうにかしないとスコアが上がらないなあ。

posted by 士季 at 16:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

ノロウィルスとかがはやっているそうですが

先週、同僚が仕事を休んでどこからか「ノロにかかった」という噂が流れたけど、翌日なんともなく出勤していた。

今週、上司が下痢が止まらないということで休んで(事務仕事でちょっとだけ出勤してたけど)、やはりノロっぽいという噂が流れたけど、2日後に出勤していた。

一応、医者に行ったら「ノロかもしれん」みたいなことを言われたみたいだけど、検便等で検査しないとわからないらしい。

症状聞いた限りでは、私がかかった食中毒と同じような感じでした。

怪しいものを食べた記憶はないそうだ。

はやっているせいか、安易にノロだとか言われてそうな気がする。

posted by 士季 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

深夜って意外とタクシー拾えない・・・都会じゃないと

今週は久々に深夜残業をした。

今の仕事は、全国展開している企業の社内ネットワークの構築作業で、それがほとんど終わった状態だったので、ここで問題が発生した。

こちらとしては設計通りに作ったわけだが、その設計のところで何かしら齟齬が生まれたようだ。

まあ、設計書の承認はお客さんからもらっているので、完全にうちのせいではないけど、急遽その問題の対応をすることになった。

営業時間内はルータの設定変更できないから、夜に作業を実施。

想定では夜から朝までを2日間くらいかかるだろうと思っていたのだが、やってみると夕方7時位から行って夜の3時くらいには完了した。

問題なく完了したので、帰ろうとしたのが夜3時半。

当然、電車は動いてないし、始発までは1時間くらいはあるので、タクシーで帰ることにした。

が、近くのタクシー会社も3時までしか営業してないし、道でタクシーを拾おうとしても、結構素通りされる(もう帰ろうとしているのだろう)。

ちなみに場所は一応東京都内なのだが、意外とタクシー拾えない。

結局はタクシー会社に電話して呼んだ。

家についたのが5時くらい。

さすがに疲れた。

posted by 士季 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする