2013年09月29日

ラウンドワンのボウリングDVD

Image

ラウンドワンで4回ボウリングをすると、ボウリングのDVDがもらえる(3回行くと、1400円で靴が購入できる)。

タイトルは「U.K.のボウリング ホントチェック」。

時間は45分程度で、プロボウラーがスコアの上げ方を教えてくれている。

ただし、内容的には普通にググれば出てくる内容で、別にプロならではというのはない。

映像があるのがわかりやすいところか。

ボウリングでストライクを出すためには、真ん中ではなく真ん中より少し右である1と3ピンの間のスポットを狙うと良い。

このスポットにまっすぐ当てると、ストライクの出る確率は大体25%。

5度の角度で当てると、理屈上ではストライクの確率100%であるという。

で、5度の角度にまっすぐ当てようとすると隣のレーンから投げなければいけない。

それを克服するためにフックボールを投げましょうという流れです。

このDVDは助走のスタートの位置やら歩数(4歩)とか厳しく指導しています。

ただ、ボウリング場にいるうまい人たちのフォームを見てもそうですが、どれも似たような感じになり、個人的には面白みにかける・・・

だから他のことは参考にしてもスタートの位置だけはあえて無視するように無駄に助走を長くしたいところです。

DVDの中では素人さんが指導を受けてハウスボールでフックボールを投げているので、マイボールじゃなくても一応良さそう。

マイボールだと指がジャストフィットするので良い。

特に私のように力が有るくせに手が小さい人間は14ポンド以上はすかすかで持ちにくい。

なので、マイボール(まあ前も作りましたが放置してます。。。もう処分されていると思われる。何の連絡もないけど)も作ろうかなと考え中。

前はロッカーに預けていたのでそこのボウリング場でしかできませんでしたが、今は友達が車持っているので、それで持って行けるので問題ない。

基本的に私の場合、前半が非常に悪いと、どっかで200以上を叩き出すというのが多い。

波が激しくてそれはそれで面白くて、良いのですが

もうそろそろ最高記録更新したいし、アベレージも200くらいに持って行きたいところです。

posted by 士季 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

冷蔵庫の飲み物をもう少し冷たくする方法?

まずペットボトルに水を入れ、冷凍庫で凍らせます。

凍らせたら、冷蔵庫に入れ、冷やしたい飲み物の隣に置く。

ほっといたら、ちょっとだけ普通に冷蔵庫で冷やしたより若干冷たくなっている(気がする)。

意図せずに上記のことをやり、隣の飲み物を飲んだらいつもより冷たいと感じた。

なかなかいい感じの冷たさでした。

風呂あがりのいっぱいにはいいかもしれない。

ちょっと結露により濡れるかもしれないが、気にしない方向で。

posted by 士季 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

モノクマおんど

高画質 モノクマ音頭
YouTube: 高画質 モノクマ音頭


アニソンですが、小林幸子&大山のぶ代の大御所タッグがなんか歌ってます。

これで紅白に出たら笑うしかない。

posted by 士季 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

Ready Boost

Windows(Vista以降)にはReady Boostという機能があります。

これはフラッシュメモリ等を接続すれば、Ready Boostによりフラッシュメモリをハードディスクのキャッシュとして利用することができます。

キャッシュについて軽く説明しておくと、使用頻度の高いデータを毎回わざわざ低速であるハードディスクから呼び出すより、高速にアクセスできる記憶装置に蓄えておくことを言います。

例えるなら、あまり使わないようなものは机の引き出しの奥の方に置いといて、頻繁に使うものは机の上に置いとこうとするということです。

で、ハードディスクというのは遅い。

レコードのような円盤状で、トラックにデータが分割されており、読み取るのにその位置まで磁気ヘッドを動かす必要があるので、ちょっと時間がかかる。

さらにデータが分割されると、同じ場所にないのであっちにいったりこっちにいったりと、これまた時間がかかる。

だから、デフラグ等により、たまにデータをまとめた方が良い(Windows7以降は定期的にやってるみたいだが)。

それに対して、フラッシュメモリは半導体の回路を電気的に制御して記憶しているもので、ハードディスクよりはるかに早い。

ハードディスクより高価であるため、なかなか大容量かできなかったが、最近はSSDとして大容量化もなされている。

それはともかく、フラッシュメモリを利用することでOSの起動とかアプリケーションの読み込みとかが高速化することができ、パフォーマンスを向上させることができる。

なので、積んでるメモリが小さいPCにとっては救世主的な役割を果たせる。

で、実際にやってみたが・・・若干早くなったかな?と思えるぐらいの効果しかない。

というのも私の使っているPCのメモリは4Gあるからだw

ちなみに使用したUSBメモリの容量は16G(Ready Boostとして使用できるのは4Gまでだが)。

1Gとか2Gだとそこそこ効果があるんだろうけどなあ。

私のPCがしょぼいのはどちらかというとCPUだな(dual coreじゃないし)。

まあ、しょうがあるまい・・・

posted by 士季 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

親知らず part2

今日、右上の親知らず抜いてきました。

6年(2007年7月7日)ほど前に右下の親知らずを抜いた時には滅茶苦茶痛かったので、少しびびりながら行った。

そして、簡単に麻酔をした後にサクサクと作業がされていた。

全然痛みはなく、たまに歯が軋む音が聞こえてきた。

まだ確認かなんかかなと思ったら、ガーゼを詰められて終わりましたと・・・

時間的には数分もかかってないし、前回の痛みはなんだったのだ!と言いたい。

抜けたはを見ると前よりかは大きくないし、スッキリしている感じ。

前のはあまり覚えてないですが、でかくてそれもかなり根付いた感があったような気がします。

その差なのか、それとも技術的に進歩しているのか(前の歯医者はなんか設備的にもなんか古かった)。

何はともあれ、無事に終わってよかった。

posted by 士季 at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする