2012年11月25日

amazonプライム会員

amazonプライム会員の無料体験をやってみた。

プライム会員になると、お急ぎ便や日時指定便が無料でできる(プライム対象商品のみ)。

通常は350円かかる。

その代わり、年会費が3900円かかる。

しょっちゅうamazonで購入して、すぐに欲しがる人にはいいと思いますが、そんなに急がない人なら不要。

1ヶ月の無料体験があったのでやってみた。

確かに届くのが早い。

早いときは23時くらいに頼んでも、翌日の9時くらいに届くことがある。

これを活かして漫画とかゲームとかその他もろもろを結構購入した。

翌日には届くしいいなあとは思うが、年会費3900円は高い。

中古を買ったときに店からの配送料(だいたい250円か340円)も無料になるなら考えますけどね。

ちなみにamazon無料体験を登録して、1ヶ月ほっとくと勝手に更新されるので1ヶ月で止める人は更新をストップするのを忘れてはいけない。

posted by 士季 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

AGA治療に病院に行って来た

AGA治療に横浜中央クリニックに行って来た。

AGAはandrogenetic alopeciaの略で男性型脱毛症のこと。

ちなみに女性の場合はFAGA(Female AGA)というそうだが、まるっとAGAでいいっぽい。

ただ女性の場合は生え際が薄くなることはほとんどなく、頭頂部とかを中心全体的に毛髪が薄くなるそうだ。

横浜中央クリニックは、美容外科とか皮膚科とか整形外科とかいう分類の病院。

男性患者には男性医師、女性患者には女性医師が見るようだ。

WEBから予約して、行って来た。

ただ混んでいる事もあり結構待たされた。

そしてカウンセラーが来て、カウンセリング。

今までバイオテックに行ってたことを伝えると、あんまり効果なかったでしょうと一蹴。

バイオテックでは角栓をとったり、余分な皮脂をとったりするだけで、それだけだと効果は少ないという。

まずは以前にも書いたように5α-リダクターゼを抑えてはげ因子?ができないようにする必要がある。

それをする飲み薬としてプロペシア錠をまず飲むべきだということ。

これはあくまでも抑える薬であって、少し発毛に効果はあるが、どちらかと脱毛が進まないように維持する方に近い。

また、飲み続ける必要がある。

なので、発毛をするのに一番効果があるのは毛髪に直接栄養を補充すること。

それがHARG療法。

HARG療法では毛髪に成長因子を与える療法(成長因子は細胞間のシグナルの代わりをし、毛髪に栄養を呼び込んでくれる)。

なので、HARG療法で発毛させて、プロペシアで維持していくのが良いということ。

最初の3,4ヶ月で6回くらいHARG療法を一気にやって、あとは様子見でたまに栄養を与えるくらいでいいそうだ。

で、実際にHARG療法をやってみた。

何をやるかというと、注射みたいのを打ち込む。

注入する毛の箇所(名前は忘れた)は皮膚から深くないので、普通の注射針ほどは刺さない。

麻酔なしでやったので、ちょっと痛い。

普通の注射みたいにチクッとする痛みではなく、ちょっと鈍く重い感じがする。

ボールペンを手の甲に少し刺したような痛みだろうか・・・そんな感じです。

それを数十箇所やるが、ものの数分間程度。

2パターンあり、後の1パターンは冷やしながらやる。

どちらかという冷やされた感じの方がダメージ?が強い。

刺しているので、多少血が出るけどそれほどは出ない。

これだけ?という感じで、本当にこれで効果が出るのかどうかは不思議である。

効果が現れるのは数ヵ月後だそうだ。

後はおとなしくプロペシアを飲みながら待つばかり(後、5回HARG療法するが)。

ちなみにプロペシア錠は市販でも売っており、そっちの方が安いが、効果は微妙っぽいし、自己責任なので、危険だと思うので、気になる人はおとなしく病院に行きましょう。

posted by 士季 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 発毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

レイトン教授と不思議な町

Photoレイトン教授シリーズに手を出してみました。

謎解きが大好きなレイトン教授と助手のルークが、大富豪の遺産相続に関する捜査の依頼を受けて不思議な町にいくというお話。

謎解きが好きな町で、探索のため町の住人に話しかけると謎をふっかけられて、その謎解きをしまくる感じです。

箱に「ナゾトキ×ストーリー」とありますが、ストーリーはおまけに近い。

一応、事件は発生するがレイトン教授が勝手に事件を解いてくれるし、普通にわかる。

それよりちょっとしたナゾトキが確かにクセになる程度に面白い。

ナゾというよりクイズ、パズルといったところか。

ひっかけ問題もよくある。

一応、昔からある古典的なパズルとかがよく出題されるが、普通の人はそんなの知らないのでかなり楽しめる。

数学的要素のある問題は個人的には正直簡単すぎるが、パズルが非常に悩ましい。

得手、不得手があるので難易度の低い問題でも難しくかんじる問題もある。

ストーリー中で全120問だから結構な量。

条件をクリアすることで出題される問題が15問で、これはそこそこ難しい。

とくに最後の問題は高難易度のパズルの問題(昔からあるみたいだが)で、時間をかければそのうち解けるかもしれないけど、非常にやっかいだったので断念した。

そのほかに私が購入したフレンドリー版では、発売された当時、週1でWi-Fiで配信されていた問題が収録されている(全52問)。

こちらは正直問題がわかりにくいし、どうとでもとれる問題だったので苦労した(ヒントみなきゃわからない問題も多数)。

という感じで、非常に楽しめるゲームでした。

たまたま遊びにきた某S.I氏にやらせてみたところ、 「面白い。俺も買おうかな」とか言っていたので万人受けする面白いゲームだと思います。

一応1週間くらいで全部解けましたので、ちょこっと遊ぶ分にはいいなと思います。

とりあえずシリーズものなので、続きもどんどんやっていこうかと思います。

posted by 士季 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月11日

ウォールラック(引き戸)

Hi3e0384
本棚&物置としてニッセンの「ウォールラック(引き戸)」を購入した。

何気に一番でかいサイズを買ったので2万円程度した。

自分で組み立てたわけだが、説明書に2人で作ってくれと書いている。

当然のごとく1人で作成した。

浮かしながらはめ込んだりという作業があったので、1人で作成するのはつらいところもあったが、2時間半くらいかかって組み立てることができた。

作ってみたら、思っていたより小さいという印象。

さらになんかかなり物置ぽい。

幅×奥行き×高さは90×36×180(いずれもcm)。

とりあえず、下半分を物置として使って、上半分を本棚として漫画を入れた。

Hi3e0385
数百冊はかるく入りそうなので、当分は本棚に困りなさそう。

文庫本は全部電子化する予定ですし。

posted by 士季 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

風呂で読書

おこたとお風呂が恋しい季節になってきました。

お風呂は低体温の人にもいいそうです。

私は体温が35度前半~後半程度と低いので、毎日風呂に入るようにしてます。

40度弱のお湯に半身浴で、数十分程度入ると良い。

が、最近忙しなく生きている私としてはただ入っているだけじゃつまらなくて耐えられない。

最初の数分はまったりしてるだけでいいのですが。

そこで、電子書籍リーダー用の防水ケースを購入した。

電子書籍だとこういうもので風呂で本を読めるから良い。

昔から風呂の中で本を読むためにいろんなことをしてきた勇者たちがいましたが。

防水ケースはサンワダイレクトで売ってますが、だいたいiPhone用とかiPad用とかメジャーなものばかり。

マイナーでそれも6インチというサイズはまず売ってない。

そこで、7インチタブレットPC用のものを購入した(約三千円)。

ちょっとでかいけどと特に問題ない。

三重のチャックがあり、そこで水が入らないようにしている。

実際に全然濡れていない。

しかし、実際に風呂で入ると如何せん湯気で表面が曇る。

拭きながらなんとか読めるがちょっと不便。

そこでさらに風呂の蓋を買った。

数人家族なら必須だけど、一人暮らしではまず要らない(入れたらすぐ入って、出るときに流すから)。

それをホームセンターで約三千円で購入。

体が入る分だけ蓋を開けて、蓋の上で本を読む。

若干曇るが、かなりましになった。

そんな感じでお風呂ライフを楽しむようになりました。

いつのまにか1時間近くたっていることもたまにある。

posted by 士季 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする