2011年05月28日

社畜

どうも社畜です。

同期に今の状況言ったら、社畜じゃんと言われた。

ここからはちょっと長めの愚痴なので、お暇な人のみお付き合いください。

今週も社畜らしく毎日終電帰りで働いた。

今週からまた新宿に派遣されて、毎日終電で家着くのが1時前。

まずうちの会社は月の残業時間が40時間を超えると、長時間残業問診票なるものに回答する必要があります。

内容は、疲れがあるかとか、睡眠時間何時間とか、働きがいがあるかという感じです。

それに対してすべて最悪をつけ(疲れがある、睡眠時間4時間、働きがいないなど)、最後の備考欄に逆食患っていて慢性疲労症候群の疑いがあると、産業医面談することになった。

そこで今の症状訴えて、残業時間減らして睡眠時間をちゃんととることとかする必要がありますねと自分が説明した。

産業医さんも同意して、一応経過観察ということで、課長や人事部?にも伝えとくと言っていた。

そのちょっと後に課長に呼ばれて、同様のことを話した。

そうすると作業が集中しないようにうまく作業を下に振ってとか言われたが、「そんなことは言われなくとも、もうしてるわ。それでも作業がいっぱいあるんだよ。どうにかしてください」みたいなことを言ってやった。

課長の方でも一応どうするかを考えておくとか言っていた割には何もアクションがなく、むしろ悪化。

生かさず殺さずの精神だろうか、まさに社畜です。

それがたぶん先週の話(最近記憶力が著しくなくていつのころか思い出せん)。

で、今週は逆食の方は薬のおかげで大分ましになってきているのかゲップや胃酸の逆流も結構減ってきた(なくなりはしないが)。

が、慢性疲労症候群らしきものの方が悪化した。

軽く睡眠障害状態。

というのも朝5~6時くらいに目が覚めるし、夜寝る時もなかなか寝付きにくいときがある。

寝付けないとき本でも読んでると、いつのまにか本開いた状態で眠っているのだがたいがいは電気つけっぱなしで寝てしまうため、1,2時間後には起きていしまうという状況のために、非常に寝不足。

一応リフレックス錠というのを処方してもらって、これを飲むと早朝に目が覚めることがなくなるのですが、日中眠くなりすぎて何もできない。

ので、結局あまり飲めてないのが現状。休みの日だけ。

ちなみにリフレックス錠はうつ病の人に処方されるような薬だとのこと。

それも課長に言って、対応としては早めに帰って早く床に着くことだと思うんですがという感じのことを言ったけど、特に反応なし。

少し昼に休憩できるようにしないとみたいなことを言っていて、根本的な解決になってないじゃんとつっこみどころ満載だ。

ちなみに今年に入ってから、課長が変わりましたから、昨年末残業規制になったときを知らない人なのだ。

ところで、うちのプロジェクトもいっぱいいっぱいで助っ人も何人か来ているのですが、その助っ人の一人(ちなみに私の同期)も体調を崩していて、ついに残業規制がかかった。

どうみても私よりかは体調的にましなのに、私には残業規制がかからないのが不思議。

やっぱり医者に書いてもらわないと駄目かなあ。

ほぼ毎週医者行っていて、通院費、薬代も馬鹿にならないんですけどねえ(月一万弱くらいか)。

ちなみに診断書を書いてもらうとその費用に2000円くらいかかる(前回はそうだった)。

ということで、来週月曜日に医者に言って書いてもらおう。

もう課長にあって、毎回体調どう?と聞かれて最悪ですと答える日常に飽きた・・・

posted by 士季 at 13:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

第5期肉体改造計画1週間目

とりあえず今週は予定通り平日は定時帰りがなかったので、土曜日にジョギングをした。

一応の目標のライフまで(約2.5km)を目指して走ったのだが、見当たらず途中で引き返したらあった。

結局片道3kmで、往復で6kmジョギングしたことになった。

1kmくらい増えても大したことはないと思えるのだが、今日は如何せん風がやたらときつかった。

それも帰りで登りで強い風。

ばてばてでした。

ゴールまでたどり着いたときには足がかくかくでした。

真っすぐ歩いているような感覚がない。

山登りをしている箱根駅伝の選手の気持ちがよくわかった。

難易度は10分の1くらいですけど。

体重を計ってみると、先週よりー0.9kg。

1週間で0.9kgも減ったのは非常に疑心暗鬼。

一応はこの1週間たまに筋トレはしているし、風呂上がりの柔軟もやっている。

また、ここ1,2カ月トクホお勧めのヘルシアもほぼ毎日飲んでいるので、その効果と思いたい。

この調子で減ってもらいたいものです。

ちなみに来月から出張で工場に行くのですが、その工場が決まりました。

松本

になりました。

posted by 士季 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉体改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

第5期肉体改造計画

本当に毎年なぜかこの時期にやっているダイエット計画。

今年も始めました。

一応、体調がよろしくないので早めに帰らせてくれと課長には言ったが、課長が許しても仕事が許してくれないのが現状です(課長に言えてもリーダーには言えなかったりする)。

まあ、それでもなんだかんだで2カ月近く逆食なり慢性疲労症候群っぽい症状があったりするので、もうそろそろドクターストップがかかるかもしれないかなと思ってます。

で、基本的な治療方法としては規則正しい生活、特に運動をする必要があるということもあり、ジョギングを始めた。

知ってる人は知ってますが、私の家の近所はアップダウンが激しくてジョギングができない。唯一あまりアップダウンが少ないのが第二京浜で、それに沿って北に行くとガストがあり、家からそこまで走ると約2.5km。

往復で5kmになる計算です。

このジョギングを最低週1回、毎日定時帰りが可能になれば週2回は走りたいなとは思う。

その間の超回復期間は筋トレ(腕立て、腹筋?)を実施し、筋肉を増やして基礎代謝量を増やしてダイエットをはかりたい。

ただ、後1カ月もすればまた工場が始まるので、また途中で終わっちゃいそう。

そもそも今の体調で工場へ行けるかどうかも微妙なような気がしますが。

posted by 士季 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉体改造計画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

薬中?

先週の土曜日で逆流性食道炎の薬が切れたため、日曜と今日は薬なしだった。

日曜日、薬がなかったためか実家から横浜の家に戻るさいの電車で酔った。

新幹線でも気分が悪かったのはなかなかの異常。

月曜日、普通に出勤。

ずっと息苦しくて、きつかった。

水を飲むと多少ましになるので、2.5リットルくらい飲んだ。

薬がないと生きていけないのかorz

で、定時後さっさと逃げ出して病院に言った。

とりあえず2週間分ゲット。

改めて胃カメラの画像を見たら、ちらほらと赤い斑点があったり、胃と食道/十二指腸のつなぎ目に変色している部分が通常丸なのですが、それがぎざぎざになっていたりというところから、軽い逆流性食道炎ですねと言われた。

ついでにまた微熱が続いている(2か月くらい?)と言ったら、その場で熱を計ってみると38℃・・・ここ数年の最高記録が今ここに。

平熱35℃前半だから、もう寝込むような体温ではないか。

あと、のどを見てもらうと赤くて痛くないかと聞かれた。

全然痛くない、苦しいだけ。

目は充血しているが、これはいつものこと。

とりあえず風邪っぽいなということで、風邪薬も処方してもらった。

もし慢性疲労症候群だったら、風邪薬では熱は下がらないはず。

とりあえずはまた朝昼晩の体温を測ることになった。

もし慢性疲労症候群だったら治す方法は休むしかないとのこと。

ちなみに処方してもらった薬は全部で5種類・・・。

完全な病人です。

posted by 士季 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

非びらん性胃食道逆流症

先日胃カメラをやって大きな異常がなくて実は治りかけ?とも思っていましたが、症状はまだまだある。

ということで、実は逆流性食道炎ではなく、非びらん性胃食道逆流症ではないかと思った。

逆流性食道炎の場合は胃カメラで食道を見ると、食道が炎症を起こしていたり、びらん(糜爛:表皮までの損傷を言い、ただれなどの皮膚表面の損傷のこと)が確認できる。

非びらん性胃食道逆流症はそういうものが見られないが、逆流性食道炎と同じ症状があるものを言います。

調べるにはpHモニタリングというものをやるらしい。

食道のpHを計るもので、胃酸が逆流してきている場合はpHが低くなっているだろうということだろうと思います。

どちらにしろ原因は精神的ストレスや、過労などの身体的ストレスらしいから仕事をなんとかするしかなさそうです。

じゃないと、薬で治しても再発する・・・

posted by 士季 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする