2010年02月28日

USBクリーナー

Usb USBクリーナーを買ってみた。

PCに挿して、キーボードなどの掃除に利用する。

吸い込み口が小さいし、所詮小物なんでパワーはあまりない。

一応、パワーアップはできるので、小さい割にはそれなりに吸っているように感じます。

で、キーボードの掃除ではなく、パソコン(デスクトップ)の中の掃除に使ってみた。

昨日軽く見てみたらやたらと埃がたまっていたからだ。

パソコンを開けて、掃除機ででかい埃を回収。

その後に、ノートPCに挿したUSBクリーナーを使用した。

多少の埃はとってくれるが、ちょっと大きめだと吸わないのは当然ですが、何より便利に感じたのはこのUSBクリーナーにはライトがついていることです。

ライトがつくとどこに埃がたまっているのかよくわかるので非常に便利です。

ライトをつけた人は偉いと思います。

こんな感じで、ノートPCだと持ち運びが可能なので、ちょっとしたところの掃除には使えるかも知れません。

posted by 士季 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PC&WEB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

熱さまシート

今週、風邪?をひきました。

風邪?といっても熱が37度五分くらいでて、関節がやたらと痛かっただけで、せきやら鼻水といったものはなかったので、風邪と言えるかどうかは微妙かなと思います。

とりあえず、仕事は休んで寝まくって、風呂に入ったら、次の日にはほぼ完治してました。

風邪をひいた際には、そんなに高熱でもなければ風呂に入って体温を高めて免疫力を高めた方が良いと「体温を上げると健康になる」という本に書いてあり、実践してみると確かに入ったあとはだいぶ楽になった。

当然のことですが、湯ざめすると余計にひどくなるので、さっさと布団に入って寝る必要がある。

そんなんで治ったのですが、その際に熱さまシートがあることを思い出して使いました。

この熱さまシートはこっちに引っ越してくる際に親がくれたものです。

つまり約3年前のものであり、冷蔵庫に入れず常温で放置していたものです。

一応、使用期限を確認したら昨年の9月くらいでした。

そんなものを気にせずに使ってみた。

ちゃんと冷たかった。

どうでもいいと思いますが、熱さまシートの原理はジェルに含まれている水分が蒸発する際に気化熱として体から熱をとっていくので、冷たく感じると思われます。

ということで約3年たっても水分が残っていたんですね。

やるな、熱さまシート。

とりあえず、1枚で8時間もつとありますが、冷たく感じなくなったら次のを使うという感じで10枚くらい使いました。

今のところ、異常はないですが使用期限を過ぎたものは使わない方がいいと思います。

posted by 士季 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

天竺熱風録

Photo 田中芳樹著「天竺熱風録」を読みました。

王玄策を主人公とした小説です。

表紙および挿絵は藤田和日郎(「うしおととら」「からくりサーカス」などの作者)です。

玄奘三蔵法師が天竺から帰ってきてから2年後、唐は太宗(李世民)、貞観21年(西暦647年)の頃です。

王玄策は外交官として天竺に3回(4回とう説もあり)行っており、その2回目に天竺の大半を占めていたマガダ国の簒奪者アルジュナに捕えられるも脱出し、ネパールとチベットの兵を借りてアルジュナ軍を大破し、アルジュナを捕虜としてマガダ国を救った英雄である。

基本的に王玄策は文官でもともと位も高くなかったので、インドでの活躍があったけれども使者として使命の評価のみであったために、そこまで位は高くあがらなかったため、(正七品官→従五品官)正史で伝を立てられることがなかったという。

正史の天竺の伝のところで登場するとかしないとかという話だそうです。

で、この王玄策は日本では当然のごとくあまり知られていないし、中国でも主人公として扱った小説はないとのことで、この小説が初ということになるみたい。

この小説の王玄策は、常に堂々としており沈着冷静、あきらめない思慮深い人物として描かれており、華々しい戦果をあげる割には武官のような感じではない。

寡兵で大軍を破るシーンはどんな謀略で破るのか大変楽しみだった。

また、藤田和日郎の挿絵もいいものです。

ただ、書き方が妙に丁寧語なのが気になった(ちょっとうざいような気もした)。

からくりサーカスで、ピエロの解説のように丁寧語だったので、その辺も影響していたりするのかと思いました。

また、この王玄策の見事さは他国の兵を長年指導してきた自国の兵のように統率した統率力が凄いのだと思っているのです。

この作品でもチベットやネパールの兵を自国の兵のように率いているのですが、その前に他国の兵が自分の指示に従ってもらえるように涙を流しながら熱弁を吐くような熱い説得のシーンがあってもよかったのではないかと思う。

将が王の命令ではなく、この人を自分は助けたいと思わせるような熱弁なり、風格なり、仁徳なりがほしかったなあと自分的には思います。

ただ、この作品の王玄策のように帰国後、天竺での武勲を喧伝するわけでもなく、自分をわきまえ、もとの仕事に戻る潔さというのは素晴らしいものに思えます。

野心家なら、あのままインドを支配してもおかしくはないですからねえ。

こんな人物が居たというのを知れただけでも、感謝です。

この作品を読んで、こんな人物が本当にいたのかと知ってもらいたいという著者のことばは、だいたい達成できたのではないかと少なくとも私は感じました。

posted by 士季 at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

改名しました

タイトル通り改名しました。

なぜか。

結構仕事のことで、愚痴っているのでまぐれ的に会社の人に見られたらもろばれじゃないかと思ってしまったので、改名してみました。

名前の由来はいたって単純。

元の名前から「きし」

ひっくり返して「しき」

漢字にして「士季」

最初は「きし」から歴史上の人物として箕子(紂王の伯父で賢才)が居たのでそれにしようかと思いましたが、なんとなくいまいちだった。

だったら「きし」という字を持つ武将でも探してみようかと思ったが、ぱっと思いつかなかったので断念。

ひっくり返してみると「しき」なんでこれにはすぐ思いついた。

この士季は士会という春秋時代の大国晋の名宰相のこと。

字が季(すえっこ)なので、史書では士季とそれなりに出てくる。

この士会のことは春秋戦国時代の中でも一番好きなキャラ(宮城谷氏の「沙中の廻廊」参照)であるため。

だから士会とか范会とかにでもしようかと思いましたが、季は残したかったのでそのままにした。

ちなみに三国時代の鐘会(蜀を滅ぼした人物の一人)の字でもある(探せば他にも結構いそうな気はする)。

ということで、これからはニックネームは士季で行きますのでよろしくお願いします。

・・・

でも、よくみてみたらblog上ではあまりニックネームとか出てこないんですねえ。

変えた意味がなかったかもしれない・・・

posted by 士季 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

臏~孫子異伝5巻

05 臏~孫子異伝5巻まで読みました。

1巻そのままの面白いペースで行ってます。

史書に名を連ねている人も少しずつ出てきました。

1巻で蘇秦、張儀、2巻で淳于髠、龐涓が出てきます。

縦横家の二人は師匠が鬼谷子、孫臏、龐涓の師匠も鬼谷子(同一人物かは不明)なので、出てきてもおかしくはない(年齢的にあっているかどうかは史記などを読んでないのでわかりませんが)。

淳于髠については、私は小説でしかこの時代を知らないので、あまり知らないのですが、奴隷として登場します。

名の髠(こん)が髪を切る刑である髠であることから、孫臏と同様に罪人だったのかもしれません。

話の流れとしては、一貫して狄との戦争です。

狄というのは北の蛮族です。

狄と言っても、匈奴など多くの部族がいたのですが、この話では全部族を統率しているやつがいて、そいつが攻めてきているという感じです。

私的にはなぜ、狄が斉に攻めてくるのかがわからない。

狄がいる北と斉の間に燕や趙があるのに(中山という国もあったと思うのですが、この漫画の地図を見ると見当たらない?)、この国はスルーですか。

ちょっと不思議ですが、斉のたぶん西南くらいにあった衛という国が狄に滅ぼされたことがあるので不思議ではないのかもしれません。

まあ、それはともかく狄との戦いをずっと描いています。

時代を先取りしている部分はありますが、孫子の兵法に則っていろいろ戦略を立てて戦をしている。

狄が間(間者)を使っている(それも女、ツインテールのメイドさん・・・ありだ)のはおかしくねえと思わなくもないですが、いろいろと葛藤があったりして面白いので、スルーします。

画も悪くないので、非常に良い。

この調子で続けていってもらいたい。

まだ、熟読していませんが孫子の勉強にもなるので。

posted by 士季 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする