2007年09月29日

Answer×Answer

友人と川崎に映画を見に行きました。
友人が以前に「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」を見に行って余程気に入ったのかもう1度見に行こうということになり見に行きました。
タイトル見てなんで「ヲ」なんだろうと思った。
序は普通のやつとあんまり変わらない。初号機にやたらと蛍光の緑色が着色してあったり、6番目の使途?だったか八面体のやつが変形しまくったりという感じで微妙に変わっていた。
次のやつから大分変ってくるようだ。
予告では、なんかエヴァの6号機まであるようなことを言っていた。

映画を見た後、ゲームセンターに行きました。
チケットを買った時に50枚のコイン券をもらったから。
軽くスロットやってすっからかんになった後、ネット対戦できるクイズである「Answer×Answer」をやった。
非常に回転率の悪いゲームだと待っているときに思った。
4人の総当たり戦で、上位2名がプレイオフ進取して優勝を決める。
最初は早押し問題と早押し連想問題があった。
ジャンル別にあり、最初は2人の選んだジャンルの問題がでて、あとはランダムに問題がだされて答える。
1時間やっていた。
スペース的には2人で一緒にできるのでカップルもそこそこいた。
男2人でやっていたのは非常に痛かったかもしれない・・・
ジャンル別にいろいろな問題があったのでなかなか飽きないし、対戦なので大変面白かったです。
posted by 士季 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

セキュリティは不便だ

セキュリティ強化のため安全になったのかもしれないが、かなり不便になってきている気がする。

9月に入って少しずつ本格的にプロジェクトの仕事にかかわりつつあり、今週からあるプロジェクトの助っ人(雑用)のために新横浜の事業所ではなく、東京へ仕事に行ってます。
私の所属しているプロジェクトの方々は基本的には東京の方で仕事をしていますので、私も今後は基本的にこちらで仕事になりそうです。
そこではカードによる認証だけでなく、静脈認証(vein authentication)を行います。
静脈パターンは人により、大きさ以外は成長や老化などによらず生涯変わらないという特徴がある。
赤外線などを使って撮影を行う。
この前の台風の日(9月7日)にあったセミナーでの展示では携帯電話のカメラで手首を撮影し、それで分析するシステムかなんかがあった。
指紋とは違い、体内の器官であるため偽造が難しく、実際に血流があるかどうかまで判定する技術もあるらしくより難しい。

また認証する際には一人しか入れない小部屋に入って認証を行うので、前の人に続いて出入できないようになっている。
問題はそれが部屋が集まっている場所とトイレの間にあるため、トイレ行くだけでもわざわざ認証しなければいけない。
それも今週の水曜日には出たと認識されていなかったため、何回やっても入れなかったということがあった。
セキュリティは不便にする。

また以前にも書いたかもしれないけど、Windows Vistaは不便だ。
XPに比べ、セキュリティが強化されている。
exeファイルを実行すると、毎回実行するかどうかをダイアログがでて訊いてくるし(今調べてたら解除する方法があるみたいだ)、XP以前のゲームができないことが多々あるし、なんかよくわからんけど権限がないとか言って(管理者なのに)実行できなかったり、まったくメリットを感じない。

セキュリティが強化され、安全にはなっていくのだろうけど、不便になって来そうだ。
posted by 士季 at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

あだ名は難しい

名前から簡単にあだ名が決まる人はいいのですが、変なあだ名をつけられるとたまに困ります。
ちなみにあだ名を感じで書くと、「綽名、渾名、徒名、仇名」。
徒名は特に悪評とか、男女関係についての噂のことで少し違う。
「あだな」は「あざな(字)」からきてるかもしれない。
(昔?の)中国では姓名と字があった。字は成人になってから身内以外から呼ばれる名前として名と関連する名前が与えられるらしい。
つまり、成人になってあだ名が付けられる。
逆にいえば、名は身内でしかあまり呼ばないらしい。

話が変わってしまったので元に戻します。
たとえば、「木村くん」なら「キム」とか「美咲ちゃん」なら「みーちゃん」とかまあ問題なくつけられる(私の同期の新人のあだ名です。みーちゃんとは私は呼んでませんが)。
しかし、私の名前からはまずあだ名はつけられないので、だいたいつけられるときは見た目からつけられます。
で、社会人になって同期から呼ばれるあだ名は
「社長」
です。
風格があるからとか言って入社して1週間くらい?の飲み会で決められた。
ということでほとんど名前で呼ばれたことはなく、先輩社員がおって社長と呼ばれる。
外人の同期がいるのですが、そいつにもシャチョさんと呼ばれてます。


そして、実は昨日と今日で新人全員が集まって工場見学に行きました。
昨日の見学の後に、本物の社長が現れちゃいました。
そのまま飲み会へ。
あるやつが「社長(私)のサブコード決めなきゃいけんね」と言ってきた。
まあ、そんなの決める時間もないから慣れない口調で名前を呼ばれることになりました。
店につき、適当に座っていたら、たまたま私の周りの人がたばこを吸う人ばっかりだったので、ここを喫煙コーナーにしようということになりました。
そのとき、ほかの席のたばこを吸うやつが私と席を交代にするために、
「社長!チェンジ」
と叫んでしまった。
私は普通に交代しましたが、交代している途中で気づいてしまいました。
ほかの同期の皆に戦慄が走ってしまった。
私はさっさと座ることにしました。
本物の社長の机の席に座ったやつはびびったとか、どうフォローすればいいのかわからんとか、結構大変だったみたい。
本物の社長は苦笑いしていたらしい。
いい人なので助かった。
ちなみに言った本人は全く気づいていなかった。

紛らわしいあだ名はやめたほうが無難です。
私のあだ名は変わりませんが。
posted by 士季 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

生徒はいいよね

台風が直撃でした。
午前2時くらいに横浜をたぶん通過。
やたらと風かなにかがぶつかる音でうるさくて目が覚めた。

朝になりいつも通り起きてみると、そこそこ風はおさまっていたが多少雨が降っていた。
余裕で暴風圏内に入っていたから生徒は学校休校だからいいなと思っていた(高校生以下は学生じゃない)。
電車が運行停止ならば自宅待機なのだが、調べてみると7割運行・・・?
ともかく運行はしているみたいなので駅に行ってみた。
私が外に出ると雨と風が強くなった(私は基本的に雨男のようだ)。
駅に着くころには膝下が雨でビショビショ。
最悪だと電車を待っていたら来ない。
横浜方面には数本来た。
横浜方面行のやつが東神奈川駅で折り返して新横浜行きが来た。
結局、駅で40分以上待った。
その時点で8時40分を過ぎていたから遅刻なのだが、元々今日は会社に行かず、セミナーを東京に受ける予定だった。
その途中で東横線に乗っているときに多摩川を見たら思いっきり氾濫?していた。
氾濫はいいすぎだが、河川敷が水で浸かっていた。
木のてっぺんが水面に出ていた感じ。
その場面を写真で撮ってここでUPしようと思ったが、電車の中なのでまずいと思ってやめた。私の隣に女の人がいたし。
そういえば、ホームに女子高生がいた。なぜ?

結局、会場についたのが1時間遅れぐらいで、1つのセミナーは終わっていた。
午後からは晴れていたようなので、生徒たちが登校しているのが見えた。
そういえば午前中が休みで午後から登校したことはなかったなあと思った。

大学院生までは台風がくれば、堂々とさぼれるのでうれしかったのですが、今や社会人となった私には辛いだけです。
posted by 士季 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

チャンポンはまずい

8月31日で新人の開発演習の発表を終え、開発演習が終わりましたので、新人4人で打ち上げに行きました。
新人4人は酒の強いA、酒が強いと思い込んでるB、酒の弱いCと私です。

打ち上げではCと私は弱いのでちびりちびり飲んで、AとBはガンガン飲んでました。
Bは飲めば飲むほど陽気になって面白かったのですが、少々うざく感じることもありました(何度も同じこと言ううから)。
Bはビール、芋焼酎、日本酒、ワインとちゃんぽんしてました。
で、陽気だったBがだんだん静かになって寝てしまいました。
ちょっと静かになってほかの3人で喋っていて、そろそろ帰ろうかと思ったら、Bがいきなりゲロを吐いた。
勘弁してくれよと思いつつ、私たちでゲロの処理をしました。
とりあえず1時間ほどそのままにしといていい加減に出ようかと、悪酔いしているBを起こしてふらついているから、後ろからささえて移動させました。
しかし、移動している最中にまたBが寝だしたので、そのまま引きずっていきました。
完全に脱力している人間は本当に重かった。
というより持ちにくかった。
それも引きずって行ってる途中でまた吐くし。
その匂いで私もはきそうになりました。

なんとか店からでてちょっと移動して道端で適当に寝かしときました。
このまま帰るわけにも行きませんでしたし。
それで2時間くらい回復を待ち、終電の時間になったけど回復の兆しがなかったので徹夜決定。
で、なんとか起こしてカラオケに行こうとした。

とりあえず起こす方法として、
「寝耳に水」
をCが試した。
全く、起きなかったのでAが手ぬるいとか言って顔に思いっきり水をぶっかけた。
さすがにそれで起きた。
そのままカラオケにつれて行った。

フリータイムで5時までで2000円だったのでまだ比較的安かった。
Bは寝かしといて、ほか3人で5時間ぶっつづけて唄い続けました。
Aは最後の1時間ほど寝てましたが。
こんなうるさい中でよく寝れるものだと思いましたが。
そして4時半くらいにBが起き、意識を取り戻しました。
案の定、記憶はありませんでした。
そのせいか帰るときにも適当にしゃべりかけてきた。
昨日の阪神戦でどうなったかなあと携帯で確認しつつ。
誰のせいで徹夜することになったのか全然わかっていない。
謝罪の言葉もなかったし。
Aはちょっとキレかけていた。
もうBとは絶対に飲みに行かないと行った。
今回のことでも、自分が酒に弱いということに気付かないだろうから。
私も同意見ですが、ちゃんぽんはまずいということは今日でよくわかりました。
posted by 士季 at 21:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする